塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

2020年つくば市、土浦市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、つくばみらい市、阿見町で外壁塗装工事にたずさわりました。

はじめまして、こんにちはハウスメイク牛久の斉藤です。

2020年は営業・現場管理に明け暮れた一年でした。

私、個人的な成果としても牛久市内10軒、龍ヶ崎市で5軒、取手市で1軒、3軒、つくばみらい市で1軒、常総市で1軒、河内町で2軒・龍ヶ崎市にて外壁塗装・屋根塗装・屋根の葺き替え、雨漏り修繕などの工事を担当しました。案件が多かったと思います

昨年、茨城県は台風などの災害に見舞われる事無く過ごせました。それでも雨漏りの相談は多かったです

中古物件で購入され、雨漏りに悩まされている施主様宅では、ベランダが広くシート防水が切れて穴が開いておりました。

一階の和室に染みが出ていました。天井裏を開け、雨漏り場所を特定し修繕を行い、ベランダはFRP防水を施工致しました。

排水溝も傾斜がほとんどなく苦労しました。防水面にはコンパネ(畳サイズの9㎜の板)を敷き詰め、FRPマットを施し、防水層を作り、防水トップ塗りで完成させました。

FRP防水完成当初は、水はじきが良すぎて施主様から水が溜まるように見えるとクレームをいただきましたが、1ケ月経過後には落ち着き無事に引渡しとなりました。

別件の雨漏り相談では、ベランダを含め、怪しい箇所が数カ所ありましたのですべて対処致しました。染みのある天井クロスも貼替えを施し、火災保険申請も当社で準備しました。

結果的に、施主様の金銭負担が大幅に軽減され、喜んでいただきました。

ハウスメイク牛久では、外壁塗装専門店としての看板を掲げておりますが、住宅メンテナンス、リフォームすべてに精通し、実績がありますのでなんなりと御相談下さい。

 

2020年印象に残る現場特集① 牛久市内 築17年 外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装 1F クリヤー塗装 (プレマテックス、GLASTAGE  CRYSTAL  COAT)

外壁塗装 2F 4Fフッソ(日本ペイント,ファイン4Fセラミック)

屋根塗装 サーモアイF(遮熱フッソ樹脂塗料)

現場調査(実測、図面照合、劣化状況の確認)

1Fのタイル柄サイディングは、施主様の御希望でクリヤー塗装を提案し、施工しました。残念ながら、他社様においてはクリヤー塗装不可で、単色の塗りつぶしと診断されたそうです。

問題はコーキング処理ができない事です。コーキングは、先々痩せてしまうので、亀裂の線が目立つ事が予想されます。そこで樹脂モルタルを擦り込み、亀裂を塞ぎます。その後、下塗りを施し同色系にカラーリングをします。十分乾燥した後に、クリヤー仕上げを行いました。手間を惜しんでは納得のいく工事ができません。外装工事のプロとして経験を活かし”最善の提案をして、現場でも采配を振るってこそ、ハウスメイク牛久”と常日頃会社で指導されていますので有言実行しました

網戸の貼替えも当社で行い、施主様に喜んでいただきました。

見積作成(無料)~御商談~契約  工事期間は約4週間。

 

2020年印象に残る現場特集② ドローン調査による屋根葺き替え 龍ヶ崎市 外壁塗装・屋根葺き替え 築13年

屋根現行 ノンアスベスト初期型

ニチハ横段ルーフS(ガルバニウム鋼板カバールーフ)

 

横段ルーフの特徴

1.優れた断熱性能(断熱性に優れた三層構造)

 断熱材(硬質ウレタンフォーム)、遮熱鋼板、アルミラミネート加工紙を一体成型した高性能金属屋根材です。

2.断熱材(硬質ウレタンフォーム)との一体成型による高い断熱性能 

 鋼板と高い断熱性能の、硬質ウレタンフォームの一体成型により、他の屋根材にはない抜群の断熱性能を発揮します。

 さらに「超高耐久横段ルーフ」は表面材が遮熱性能付きの鋼板なので、一層の効果が期待できます。夏涼しく快適な生活環境を実現します。

3.耐震性能

 約5㎏/㎡の超軽量設計で地震による揺れを軽減。

 重量は粘土瓦の約1/10、化粧スレート屋根材の約1/4。

 瓦屋根から超高耐久横段ルーフに吹き替えた場合、耐震性能は30%もアップします。

4.遮音性能

 硬質ウレタンフォーム一体成型で雨音を遮断。

 塗装高耐食GLめっき鋼板と硬質ウレタンフォームの一体成型により遮音性能をアップ、雨音を軽減します。

 豪雨の場合でも、屋外の雨音を室内ではささやき声程の音に低減します。

 製品単体では約9㏈の音量を減少させる遮音性能があります。(周波数帯1000㎐の場合)

5.防火性能

 飛び火性能試験に合格。

6.防水性能

 降水量230mm/h、風速30msでも漏水無し。流れ方向は折り返し4重防水構造、横つなぎは防水リプを4重に配置しています。

7. 施工性能

 超高耐久横暖ルーフは、本体長さが3030㎜、2960㎜の定尺サイズで建物の形状に合わせて、一文字葺きや乱葺きの施工方法を選択する事で、意匠性の向上や省施工が可能となります。

 

2020年牛久市 屋根葺き替え工事(ガルバニウム鋼板カバールーフ工事)

他社様で3年前に屋根塗装を行っていました。(本来なら塗装できないと断るべき、何故か塗ってしまった)

ノンアスベストの初期型の瓦は、湿気を含んでしまうとミルフィーユ状に膨張し、剥がれを起こしてしまいます。その状態でさらに塗料を浸透させてしまったのだからびっくりするような状況でした。この状況で引き渡すことは通常あってはいけないです。業者の正義を貫く事を大事にしているハウスメイク牛久では、2020年度、現場調査はドローンを導入しましたので、迅速に安全に現場調査を実施できております。私の成果だけでも、牛久市内で4件、取手市で2件、龍ヶ崎市で1件施工させていただく事ができました。

 

案件ビフォー・アフター 写真紹介

 

2020年度春 現場内装修繕・雨漏り・塗装

施工経緯 和風作りの住宅で、20年近く経過した段階で縦張りのサイディングの塗膜劣化が著しくなり、当社に相談に来られました。ベランダの笠木は、台風の影響でかぶさっていたトタンが全て無い状態で、下地の木材が剥き出しになっていました。防水もFRPを再施工をしなくては維持できない状態です。住宅の細かな部分を、足場無しの現場調査で全て見切る事はできません。受注後に、仮設足場を組んで施工前点検を行います。御契約時に、仮設後見つかった問題点の手直しは、別途費用を積算し追加料金をいただく事を承諾していただくようにしております。今回の現場では、瓦の手直し・内装クロスの追加などでした。

 

軒天の上貼り工事 軒天の素材は木目調のベニヤ板でした。経年劣化で、塗装がかけられないほど水分を含んでいる状態でしたので、新規木目調ベニヤ板を上貼りさせていただきました。

ベランダサイディングの破損 ベランダのサイディングは、窯業系のセメント質の物でした。今回はガルバリウム鋼板の金属サイディングを採用し、デザイン張り致しました。アクセントが付いて、施主様にも高評価をいただきました。

塗装工事 破風板・雨戸・戸袋・縦張りサイディング・玄関柱などが塗装部位です。メインのサイディングの塗装については、日本ペイントのラジカル制御型のファインパーフェクトトップを使いました。目地を打替え、シックなグレー色系にまとまり仕上がりはGOODです。

内装工事 ベランダからの漏水により、1F廊下の天井目透かし板が剥がれ落ちていましたので、漏水箇所の処置を行った上で貼替を行いまいした。和室との仕切りのガラス戸も割れていましたので、交換いたしました。クロスの染み部分もクロス貼り替えとなりました。

総合評価 施主様から、今後駐車場の砂利敷きもコンクリート打ちをしたいので、その時はお任せしたいというお話もいただけました。精神誠意工事に携わり、地域に根差した営業を今後も行っていきます。ありがとうございました。

牛久市を中心に土浦市、つくば市、阿見町、龍ヶ崎市、取手市、守谷市、つくばみらい市、稲敷市など茨城県南実績1番を誇れる会社となるよう精進致します。

現在牛久本店で重点地区として外壁塗装・屋根葺き替えで現場拡張を遂行しているのは龍ヶ崎市・取手市・守谷市です。この機会にお問合せお待ちしております。

 

問合せ

HOUSE MAKE USHIKU お問い合わせフォームへ