塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

地震被害から屋根補修|地震保険を活用して業者に依頼する手順

屋根修繕屋根工事 2024.06.05 (Wed) 更新

こんにちは、ハウスメイク牛久です。

このページでは地震が原因の屋根補修に火災保険を使う手順をわかりやすく説明します。

 

地震によって屋根が損傷を受けるケースは地震が多い日本の土地では非常に多く、この現実に立たされる人は多くいらっしゃいます。

特に震度5付近の揺れでは瓦がズレ落ちたり屋根の一部にヒビが入ることが多く損傷も大きくなってしまいます。

弊社でも点検などで屋根損傷を見つけた場合は、雨漏りリスクが高まるので早く補修することをおすすめしております。

地震保険はこのような地震による屋根の損害を補修する際に役立つので、どのような保険が必要か説明したあと、実際の申請方法を詳しく説明いたします。

地震による屋根のダメージとその影響

一般的に地震後は屋根の損傷が多いようで、当社も地震の後には数多く屋根の相談をお受けしております。

特に強い揺れを受けた地域では、屋根材が落下したり、屋根構造が損傷することがあります。

国内の大規模な地震では建築物の構造によっては屋根の損傷が特に顕著になることが報告されています。

また地震の大きさが大きいほど屋根にかかる力も大きくなります

特に瓦など重い屋根材は家全体の比重バランスが上にあるため、地震で屋根が大きく揺さぶられることになり損傷が大きくなります。

屋根損傷の兆候は誰が気付く?

当社にご相談に来るお客様では、その家に住んでいる方が屋根が壊れたことに気が付くケースが多いです。

異音がしたり、家の周りに落下物があったり、下から見上げた時に屋根の異変を感じることが多いそうです。

もしご自宅でそのような違和感を感じた時は、専門業者に一度診てもらうことをおすすめします。

屋根は家の中で最も重要な役割を担っており、損傷を放っておくと雨漏りや害虫・害鳥などの2次被害に到るケースが多く見られます。

そのため損傷があった場合は早めの補修が必要です。

地震保険の基礎知識

地震により屋根に損傷が起きた時は、「火災保険にセットで加入できる地震保険」に加入している場合に修理に適用できます。

火災保険にはいくつかの種類があるので、主な火災保険の種類とその補償内容を詳しく説明します。

これらのどの保険にも地震保険を付けることができ、保険加入時に入っていなくても後から加入することも可能です。

逆に地震保険単体で加入できるものは少なく、火災保険のオプションとして加入する形が多いので加入している火災保険を確認しましょう

住宅用火災保険 住宅用の基本的な火災保険です。
建物と家財の補償が別々に契約できます。
一般住宅が火災・落雷・台風・破裂や爆発などの災害で建物に損害があった場合に補償されます。
この保険は屋根や外壁の破損補修に適用されることがあります。
住宅総合保険 住宅火災保険の補償内容にプラスして、落下物、衝突、倒壊、水漏れ、盗難などの損害にも対応します。
建物と家財の補償が一緒になっていて、あらゆるリスクに対応できます。
この保険は屋根や外壁の破損補修に適用されることがあります。
団地保険 マンションや共同住宅専用の住宅総合保険です。
住宅総合保険とほぼ同じ内容で補償をしてくれます。
オールリスクタイプ 自分の生活スタイルや住居タイプに合わせて、補償タイプが選べる火災保険です。
付帯サービスも付いていることが多く、カギの紛失や水回りのトラブルなどにも対応しています。
この保険は屋根や外壁の破損補修に適用されることがあります。
特約火災保険 住宅金融支援機構や財形住宅金融株式会社などにお金を借りて住宅を建築・購入・リフォームする場合に加入する保険です。
火災や落雷、労働争議などで招いてしまった暴力行為や破損行為などと幅広く補償してくれます。

 

地震保険の適用範囲

地震によって生じた屋根の破損は地震保険の適用範囲に含まれます。

具体的には下記のような内容が補償対象になります。

  • 地震が原因で自宅が破損した場合
  • 地震が原因で自宅に火災が発生して建物が焼けた場合
  • 地震が原因で自宅が倒壊した場合
  • 地震が原因の津波で自宅が流された場合

地震保険の対象にならない破損

上記とは逆に地震保険の適用範囲に含まれない破損です。

注意しましょう。

  • 経年劣化(老朽化)による破損の場合
  • 地震等が発生した日の翌日から10日経過後に生じた損害の場合
  • 故意に壊した破損の場合

この中でも特に経年劣化によるひび割れや老朽化による破損は地震保険の適用範囲外になってしまうので、経年劣化の破損と判断されないようにしなければいけません。

地震が起きてからの破損について写真撮影などで証拠を残しておくといいでしょう。

保険適用かどうか判断を行うのは保険会社ですが、破損個所が保険の適用外になってしまうと困りますよね。

これを防ぐために地元のリフォーム会社に先に相談しておくことお勧めします。

破損個所や補修箇所の判断、また補修金額の概算をしてもらってください。

ハウスメイク牛久では火災保険の適用範囲に詳しいスタッフがおりますので、お電話またはWebからご相談いただけましたらすぐに対応させていただきます。

火災保険申請手続きの流れ

保険手続きには基本的には家の施主様の申請が必要です。
加入している保険の証書をよく確認しておいてください。

「被災した場所はどこなのか」「いつの地震によるものか」の答えをきちんと用意しておきます
被害箇所を写真で残しておくと間違いないでしょう。

保険会社に問合せをします。
電話で申請を申し込むと郵送で書類が送られてきますので、書面に必要箇所を漏れなく記載してください。

業者に調査を依頼し見積書と写真を添えて書類と一緒に保険会社に送り返します
結果は1か月前後で電話にて連絡がきます。

掛け金や保険内容、保険会社により異なりますが、大半の方が保険金を受理され工事費に補てんしています。
過去の例でみても、当社の工事費の7割前後の保険金が認められたケースが多々あります。

「屋根の棟の押さえが浮いている。」「瓦が大きくずれてしまった。」「雨樋が破損している。」「外構フェンスが曲がってしまっている」など保険による対応が可能か確認したい場合はハウスメイク牛久までお問合せ下さい。

地震被害から屋根補修|火災保険を活用して業者に依頼する手順まとめ

地震後には屋根に関する被害が多く報告されています。

地震の揺れによってお住まいの屋根や外壁が破損してしまった場合、地震保険を活用して修理費用を補償することが可能です。

地震保険は火災保険のオプションとして加入するケースが多いため、地震保険の加入状況や火災保険の補償状況を一度ご確認してみてください。

適用可能な補修内容は、その時起きた地震による屋根・外壁の破損、に適用されます。

逆に火災保険に適用されないのは、経年劣化(老朽化)による破損や地震発生から10日以上経過してから起きた破損、あと故意に壊した破損などが挙げられます。

地震保険を請求する場合に気を付けなければならない注意点があるため、先に地元の業者に相談することをおすすめします。

ハウスメイク牛久では、地震保険の適用範囲に詳しいスタッフがおりますので、お気軽にご相談ください。

地震保険はいざという時のために備えて加入しておくことが大切です。

加入状況を確認して必要に応じて補償内容を見直しておきましょう。