塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

【2024年最新版】牛久市で外装塗装の助成金はある?費用を抑えて安くする方法

牛久市で外装塗装の助成金はある?費用を抑えて安くする方法

こんにちは、ハウスメイク牛久です。

 

そろそろ外装塗装を考えているけど、お金がいくらかかるの?

とっても気になりますよね。

 

牛久市助成金補助金があるのかな?

もしないなら費用を抑える方法はある?

 

この記事ではこのような疑問を解消できる情報を紹介いたします。

牛久市での外装塗装における助成金・補助金制度の有無と、費用を抑えるためのポイントについて詳しく解説しますので是非ご覧ください!

 

牛久市の外装塗装助成金について

2024年2月現在、残念ながら牛久市には外壁塗装に関する助成金制度はありません

他に使えそうな補助金制度現在ありません

しかし助成金に関する情報は時期によって変更されることがあります。

必ず牛久市公式のホームページで最新情報を確認してくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

牛久市助成金に関するページはこちら

 

また、助成金を使用する以外でも費用を抑えて安くする方法があります。

その方法をポイントにまとめてご紹介しますので次をご覧ください。

 

外装塗装費用を抑えるためのポイント

外装塗装費用を抑えるために気をつけることは、5つのポイントがあります。

順番に説明しますね。

 

ポイント1:地元の塗装業者に依頼する

まず、地元の塗装業者に依頼することが最も節約額が大きい方法です。

県外など遠い業者に依頼すると余計な作業費を請求される可能性があるので注意が必要です。

家から近い業者を探してみましょう。

 

ポイント2:相見積もりを取る

次に、相見積もり(あいみつもり)をして作業内容と金額を比べましょう

相見積もりとは、複数の業者から見積もりを取ることを指します。

これにより、各業者の提案内容や費用を比較することができ、最適な業者を選ぶことができます。

また、相見積もりをすることで、業者間の競争が生まれ費用が抑えられる可能性もあっていいですね。

見積もりをよく見ることは、いい業者か見分ける材料にもなります。

例えば外装塗装には以下のような項目ごとに料金が書いてあるとグッドです。

  • 足場代
  • メッシュシート代
  • 高圧洗浄代
  • 下地補修代
  • 塗装代(塗る回数・塗料の値段など)

書き方が曖昧だったり、項目が細かく書かれていないような見積もりを出す業者には注意しましょう。

何社か比べることで、不要な作業や不明な作業を明確にします。

いらない作業ははっきりと断ることが大事です

見積書をよく見て分からないことは質問し、信頼できる業者を見つけましょう。

 

ポイント3:塗装を行う季節を選ぶ

季節によっても費用が変わる場合があります。

外装塗装に最適な季節は「春」または「秋」と言われてます。

これらの季節は気温と湿度が安定しているため、塗料が乾きやすく作業環境も良く効率がいいので好まれます。

そのため春と秋は人気が集中して、予約が取りづらいことがあります。

逆に「」と「」は天気が崩れやすく不安定で、特に冬は外装塗装の閑散期と言われてます。

そのため夏と冬は予約が取りやすく見積もりが安くなる傾向があります。

不要を抑える1つの手段になるので、見積もりを取る時に業者に確認しましょう。

 

ポイント4:複数箇所の同時塗装

複数箇所の同時塗装も費用を抑えるのに有効です。

例えば、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことで足場代が1回分で済むため、家の補修箇所は長い目で考えてまとめて行うようにしましょう。

敷設する面積によっても変わりますが、戸建て住宅だと足場代だけで20万円以上は掛かってきますので、一度にまとめて作業を依頼すると大きな節約になります。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

外装塗装の施工事例はこちらからご覧いただけます

 

ポイント5:火災保険を使う

火災保険を使って外装塗装を安くすることが条件によっては可能です。

しかし火災保険を使うにはいくつか条件をクリアする必要があり、単なる外壁塗装工事の場合はまず当てはまらないため「確実に安くなる!」とは言えないので注意してください。

【火災保険が外装塗装に適用される条件】

火災保険が外装塗装に適用される条件は、以下の3つが挙げられます。

  1. 外壁・屋根の破損が災害によるものであること
  2. 被災から3年以内に申請を行うこと
  3. 損害の補修にかかる費用が火災保険の免責金額を超えること

ご自宅がこれらの3つの条件に当てはまっていれば、火災保険で外壁塗装を行うことが可能です。

【火災保険の申請方法】

火災保険申請方法は、契約している保険会社によって異なりますが、一般的には以下の手順で申請が行われます。

  1. 契約している保険会社に連絡し、申請に必要な書類や注意事項を確認する。
  2. 申請に必要な書類を作成し、保険金の請求申請を行う。
  3. 申請を受けた保険会社が損害鑑定人を派遣し、損害現場を調査する。
  4. 調査結果を受けて、保険会社が審査を行い、申請内容が認められれば、保険金が支払われる。

詳しい手順や必要な書類については、契約している保険会社にお問い合わせください。

 

以上5つのポイントでした。

これらを参考にしていただき、外装塗装費用を抑える工夫をお勧めします。

 

初めて塗装工事をご検討されている方は塗装の基礎知識もお読み下さい。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ハウスメイク牛久へのお問い合わせはこちら

 

見積もりの比較方法

外装塗装の見積もりを比較する際には、以下を確認することが重要です。

  • 1.相見積もり・・・複数の業者に同じ条件で見積もりを依頼し、工事内容や価格を比較することができます。
  • 2.工程の具体性・・・見積書に「足場設置」や「養生」などの工程が具体的に書かれているか確認しましょう。
  • 3.面積の数値表記・・・見積書で「足場設置」と「塗装 (下塗り・中塗り・上塗り)」の面積数値で記載されているか確認しましょう。
  • 4.塗装回数・・・原則として、外壁塗装は3回塗りが必要です。見積書にもそのように記載されているか確認しておきましょう。
  • 5.商品名やメーカー名・・・見積書の塗料の項目に「商品名」と「メーカー名」が記載してあるかも重要なポイントです。

これらを確認することで、適正な価格で優良な業者を選ぶことができます。

覚えておいてくださいね。

 

外装塗装の時期と料金の違い

外壁塗装の閑散期である冬の12月から2月、夏の7月から9月は費用が安くなる傾向にあります。

一般的に冬場は塗装工事が減少するため、費用が安くなることもあります。

ただし、寒さや雪などの天候によって工事ができない場合があるので、詳しくはお住まいの地域の塗装業者にお問い合わせください。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ハウスメイク牛久へのお問い合わせはこちら

 

牛久市で外装塗装の助成金はある?費用を抑えて安くする方法まとめ

まとめると、牛久市には現在外壁塗装に関する助成金制度はありませんでした。

しかし地元の塗装業者に依頼することや相見積もりをすること、季節によって費用が変わる場合があることなど、費用を抑えるためのポイントがいくつかあります。

ポイント1:地元の塗装業者に依頼する
ポイント2:相見積もりを取る
ポイント3:塗装を行う季節を選ぶ
ポイント4:複数箇所の同時塗装

また、火災保険を使って外装塗装を安くすることも可能ですが、適用条件があるので注意が必要です。

これらのポイントを参考にして、外装塗装費用を抑える工夫をしてみましょう。