塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

イベント情報の記事一覧

工場・倉庫 外壁・屋根塗装工事 茨城県・千葉県東葛地区 ハウスメイク牛久 2022年施工予定の工場管理の担当者様へ向けて

2021年10月7日 ハウスメイク牛久 土浦店 WEB担当のSAIZOです。 土浦店では茨城県、千葉県東葛地域に所在しています工場や倉庫の塗装工事の相談・提案を行っています。 工場・倉庫の規模が大きければ職人や足場などの手配・安全面・価格などが心配になります。 大手建設会社では価格面・内容などにおいて満足できる提案にはなりません。低い利益では会社が運営できないため、塗装専門店に比べると3割前前後は高い工事費になってしまいがちです。また専門性に欠ける為、使われる塗料や技術者が見劣りしてしまいます。私共は戸建住宅・アパート・マンション・工場・倉庫などの塗装工事には長けています。以下記載します内容をご覧になり、2022年度の工場・倉庫の塗装工事の計画にお役立て下さい。   工場・倉庫には金属製屋根(主に折半屋根と呼ばれる凹凸のある屋根)が使われていることが多いです。金属腐食などが進行してしまうと、ボルトの錆や屋根材の錆から穴があいてしまい雨漏りが発生することがあります。また長期に維持管理をしていく上で塗装は必要不可欠な工事になります。外壁塗装・屋根塗装・鉄部塗装などは美観の維持・素材保護・省エネ対策という大切な役目を担っています。企業として、建物の美観は身だしなみとして常に整然としていなければなりません。また20年や30年で建て替えるものではないため、素材を保護し長期にわたり維持管理していくものです。省エネ対策として外壁・屋根・窓などの遮熱対策も施していく必要があります。 [caption id="attachment_16640" align="alignnone" width="1024"] default[/caption]     ハウスメイク牛久では工場・倉庫の塗装工事においては絶対的な自信があります。 価格訴求力に自信あり!真向から勝負して他社より安く、質の高い工事をお届けします。 一例(他社と相見積もりになったときの事例) A社(中堅建設業者)提案内容 遮断熱塗料使用 屋根塗布面積1500㎡   工事費:650万円 B社(地元リフォーム系業者) 提案内容 遮熱塗料シリコン 1500㎡   工事費:480万円 弊社(塗装専門店)        提案内容 高日射反射無機系塗料 1500㎡ 工事費:360万円 ※結果として担当者様に内容について御理解いただいたことが大きいです。折半屋根で長期間耐久させ、省エネ効果を持たせるためには無機系の遮熱塗料が適しているということです。遮断熱塗料は冬場も温度を下げにくいというメリットの反面、材料を大量に必要とし高額になってしまいまうことが懸念されます。耐久性能において、10年が限界と思っていただいて良いかと思います。ロケットに使っているから超耐久が期待できるというのはたとえ話としては良いですが、建築物の屋根で雨、紫外線を受け続ける環境では思わしくない結果が出ています。それは中空セラミックバルーンの入った塗料ですので、水性1液タイプとい特性から考えても耐候性がズバ抜けているということはないと思います。 ※㎡単価の比較においても、A社は4000円以上、B社は3000円以上、ハウスメイク牛久では2500円未満という差が決定打でしょうか。また1年あたりの維持費で考えた場合でもA社は年間65万円(10年耐久として)、B社は48万円(シリコン遮熱で10年耐久として)、ハウスメイク牛久は24万円(無機系遮熱なので15年として換算)となります。     工場・倉庫塗装のページへ 工場・倉庫に使われる塗料について 遮断熱塗料についてのブログ   2021年10月9日 更新
外壁・屋根塗装のご案内お知らせイベント情報日誌

ハウスメイク牛久 2021年10月度キャンペーン

こんにちはハウスメイク牛久 WEB担当SAIZOです。 さて10月も弊社では 秋の塗装キャンペーン を実施しております。 耐久性抜群 無機塗料 KEICERAⅡ 外壁塗装パック 限定5棟 5万円引き 76.8万円▶71.8万円  耐久性抜群 無機塗料  KEICERAⅡ 屋根塗装パック 限定5棟 5万円引き 37.8万円▶32.8万円 (耐候性強化色)   Wキャンペーン 御来店プラスGoogleクチコミ入力で QUOカード 3000円分プレゼント 御成約特典 税抜き100万円以上の工事を御成約いただいた方に  商品券30,000円プレゼント(2021年10月末までにお問合せ頂けた方)     KEICERAⅡ:プレマテックス製 2液弱溶剤形無機変性塗料 ガラスと同じ珪石(石英)を原料とする紫外線に強い合成樹脂を採用し、無機と有機のハイブリッド技術によりフレキシブル性も兼ね備えた高密度の無機塗膜を形成。紫外線にも強く、その耐候性はフッ素樹脂塗料にも劣らない。ケイ素化合物を主成分とする「超耐候性次世代型無機塗料」、それがKEICERAⅡ(ケイセラ2)。 住宅塗装の新基準「無機」+「多重ラジカル制御」。ラジカルコントロール技で大切な住宅を守り続けます。ラジカルとは、塗料に含まれる酸化チタン(白顔料)が紫外線や酸素、水などに接触することで発生する劣化因子のことです。人の肌や塗料の樹脂のような有機質を破壊し、塗膜劣化の原因になっています。ケイセラⅡはラジカルコントロール技術によりラジカルを制御し、フッ素樹脂塗料を超える超耐候性を実現しました。 KEICERAⅡ(ケイセラ2)は外壁塗装で10年の塗膜保証、屋根では耐候性強化色で同じく10年の塗膜保証が付きます。 多重構造無機バリア:多重ラジカル制御形酸化チタン採用▶ケイセラⅡは自動車や重防食等の極めて高い耐候性が求められる分野で使用されている多重ラジカル制御形酸化チタンを、住宅塗装分野において業界に先駆けて採用しました。これにより従来品をしのぐ耐候性を実現しました。 シラノール親水技術:シラノール親水技術により水によく馴染む表層に変化し、ハイドロクリーニング効果を持つ塗膜を形成。シラノールとはアルコキシシランを加水分解して得られる親水性を発揮する化合物です。表層が変成したその塗膜は付着した汚染物質をハイドロクリーニング効果により雨水が流し落とします。また、静電気の帯電も少なくホコリやチリを寄せ付けず建物の美しさを長期にわたりたもち続けます。         2021年10月8日 更新
外壁・屋根塗装のご案内お知らせイベント情報日誌

塗料の役割・性質・性能はいかに 塗装専門店ハイスメイク牛久

こんにちは、ハウスメイク牛久土浦店でWEB管理をしていますSAIZOです。 9月15日 9月も中盤に入り塗装工事の御相談の問い合わせも多くなってきました。 アパートのオーナーさんからの塗装の案件も毎月のように入ってきます。 そんな中少しでも情報をプラスオンできるように本日も頑張ります。! さて本日のお題は塗料です。 皆様が一番興味をもたれるのは、使われる塗料の性質・性能ということです。 日本において塗料の製造メーカーは数えきれないほど存在していますが、皆さんの知っている会社名はどこまででしょうか。安全で安心できる材料をお選びになっているのか心配です。安い材料を高く積算されては損をしてしまいますね。代表的な塗料会社と内容について触れていきます。   ・日本ペイント:国内・海外を通して関連会社は多数あります。建築用の塗料ではヒット商品が多数。現在どの業者もパーフェクトシリーズを提案することが多いです。ラジカル制御形のアクリルシリコン塗料の位置づけのペンキです。メーカーでは15年の耐久性をうたっていますが、15年という数値はあくまでも実験場のものなので考慮した上判断してください。また水性と溶剤の2種類ありますので溶剤をお勧めします。この塗料であれば下塗のペンキを使い分けることで、木部、鉄部にも塗装できます。日本ペイントの塗料では上位から、アプラウドシェラスター、パーフェクトセラミックトップG(水性2液)、ファイイン4Fセラミックという超耐久性の長い塗料も容易されています。 ・関西ペイント:国内有数の塗料会社、自動車の塗料をはじめ建築用塗料でも高性能塗料と誰もが認める会社。関西ペイントの外壁塗料は実績、経過共に評判は高く私も個人的には好きな塗料メーカーでもあります。セラミックとの複合材のセラフッソ、セラシリコンは耐候性に優れた塗料で15年経過した現場でも色、艶は良好でした。現在はムキフッソ、セラMシリコンⅢ、ラジカル制御形塗料はダイナミックシリーズが外壁・屋根の塗料として需要を得ています。最高峰はダイナミックMUKIマイルド(弱溶剤2液)で耐久性目安は20年前後と思います。 ・SK化研工業:国内で塗替え塗料の3大企業として知られる塗料会社。守谷市にも工場があります。20年以上前から今でも人気のある塗料はクリーンマイルドシリーズ(弱溶剤2液タイプ、フッ素、シリコン、ウレタン)現在ではやはりラジカル制御形塗料としてプレミアムシリコンが出ています。隠れた存在ではありますがセラミックの複合材でセラタイトシリーズ(強溶剤2液)もいい材料です。価格帯も安定しています。まだ値上がりしていません。 ・水谷ペイント:屋根用塗料では国内屈指の塗料会社で、特にシリコン樹脂屋根塗料は有名。屋根用の遮熱対応として快適サーモシリーズは名高いです。そして長持ちで質感の高いパワーシリコンマイルドⅡは現在でも大人気の屋根塗料です。 ・菊水化学工業: ・スズカファイン株式会社:高意匠性サイディングの色分け工法、Wトーン工法はスズカファインの代表的なものです。 ・日本特殊塗料株式会社:防水材でよく使うものとしてウレタン防水材のプルーフロンシリーズがあります。FRP防水材はタフシールドもいい防水材です。困ったときのニットクと僕らは呼んでいます。多種多様な材料があるからです。 ・東日本塗料 ・株式会社ダイフレックス:旧恒和化学工業、コーキング、防水材、無機系塗料で実力のある会社。スーパーセランシリーズは千葉マリンスタジアムの外装材として使われています。耐候性抜群です。艶も最高です。多彩調塗料のアーバントーンも仕上がりが素敵です。 ・大日本塗料株式会社 ・大日技研工業:早くから無機系塗料に取り組み、ランデックスコートシリーズなど性能には定評がある。 ・山本窯業加工株式会社:重厚感のあるセラミック多彩調塗料で名高い塗料会社。近年ではセラミック調仕上げも柔らかさを加えたネオフレッシュティアラシリーズが出ています。材料が分量的にも価格的にも負担になります。通常多彩調の他社のペンキに比べ1.5倍近くかかります。 ・ロックペイント株式会社 ・オリエント化学工業株式会社 ・株式会社アステックペイント:プロタイムズというチェーン店の専用塗料として知られている。 ・株式会社アサヒペン ・プレマテックス株式会社:多重ラジカル制御形無機塗料などを開発。ハウスメイク牛久ではプレマテックスのパートナーショップとなっているので多重ラジカル制御形の無機塗料が使用できます。グラステージシリーズ、ケイセラⅡが人気のある外壁・屋根の塗料です。 ・フジワラ化学株式会社:一般住宅塗料では多彩調塗料が有名。モアダンテ、ニューアールダンテが良く使われています。  ※企業コメントは私の経験と主観で記載してます。   塗料のOEMに注意しよう(高く売られるだけで大きなメリットがないことが大半) リフォームチェーン店・塗装チェーン店・訪問販売系塗装会社などの「オリジナル塗料」は95% 上記載してある塗料会社のOEM商品です。 OEM商品とは、製造メーカー(OEMメーカー)が他社(発売元)の名義やブランドの製品を製造するもしくはその受託側企業のこと。出来上がった製品は、発売元がOEMメーカーから仕入れる形で、自社製品のブランド名や型番を付けて販売します。OEMメーカーは、すべての製品をOEMとして製造し、発売元に納品します。   塗料の役割(外壁・屋根・部分素材への役目) 塗料の役目・役割は住宅を長期維持するために、モルタル、窯業系サイディング、金属サイディング、カラーベスト、セメント瓦などの素材保護のために、塗膜をしっかりと付けることです。また防水効果を高め耐久性を向上させることです。長くキレイでいられるように美観を保つためにも必要なものです。 セメント系の瓦を塗装するとこんなにもキレイになります。 しっかりとした光沢のある塗料は長寿命に期待が持てますね。画像は無機塗料で塗装したものです。   最後に他社積算見積時に良心的な業者かどうかの判断 どんなに優秀でいい材料と説明されても材料の違いで㎡単価が1500円以上高くなることはほぼありません。150㎡の塗り面積で1500円×2工程も差があったら45万円も差額が出てしまいます。どんなに安い材料でも5万円前後は必要です。(外壁仕上げの2工程分)最高に高価なラジカル制御形ムキフッソレベルでも30万円以内です。25万円の差額しかないです。3パターンのプランを出してきて下の塗料と上の塗料の積算の差額は45万円はありえないのです。(多彩調の特殊材料や工程数4以上のものは除く)よく吟味して決めましょう。   2021年9月15日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報お知らせイベント情報日誌豆知識

外壁塗装・外装工事・屋根工事はハウスメイク牛久まで 塗装祭り開催中!

こんにちは、ハウスメイク牛久土浦店WEB担当SAIZOです。 今年の天候はあまりはっきりしない日が多く雨もよく降りますね。僕らの仕事は天候に左右されるので微妙です。場合によっては、雨風の影響で雨漏りの相談が多くなるということもあります。塗装工事は「素材保護」「美観の維持」が大きな目的です。屋根工事の場合は雨漏りをしていないかの確認や、予防的な修繕をおこなう機会にもなりますので台風シーズンは依頼も多いです。今日は塗装工事・屋根工事・外装工事などの事例を交えながらお話していきます。 「素材保護」は外壁・屋根・木部・鉄部などの素材は表面に塗装がしてあることで防水効果を発揮し、素材が保護されるのです。この表面の塗装の役割は大事です。塗装が傷む一番の要因は紫外線によるものです。そして雨風がダイレクトに吹き付けてしまうところも傷みます。建物の後ろが畑で建物が何もないという場合などです。最近では紫外線に対する抵抗力の強い「ラジカル制御型」という塗料が主流になっています。量販店で市販されている塗料は「水性シリコン系」が多いです。過去に人気のあったものですが、実際の現場では7~8年が限界の塗料という認識です。「溶剤系ラジカル制御型」の塗料であれば10年以上しっかりと防水が効くのではないでしょうか。より長く「素材保護」できるよう弊社では「無機系塗料」を推奨しています。 「美観の維持」という点では色・輝きが蘇るということです。意匠性(デザインなど柄などによる)を高めたいということであれば、多彩調塗料を使うかカバー工法(上からサイディングを貼る)などの工事を選択することになります。予算がかかる工事となります。   ※日本ペイントパーフェクトシリーズ参照 ※ガルバリウム鋼板 金属サイディング(カバー工法もできます)   外壁塗装のタイミングの判断 外壁塗装は一般的に塗装周期は10年に一度行うことが望ましいと言われています。私が営業を行っていた時にはお客様にこのように話していました。「10年経過して見直しをしたときに経済的にすぐにできるとは限らないので、10年経過の状態がまだ2~3年は十分に保てるいい状態であれば一番」と話をしていました。また工事を計画する上で、お子さんの成長に合わせできるだけお金のかかる時期に次の塗装をしなくてすむような、質の良い塗料を選んでいただくよう説明していました。現在の各社の塗料の水準・経過観察から考慮すると、耐久性を求めるにはできれば「弱溶剤2液」「ラジカル制御形シリコン樹脂以上」「有機と無機のハイブリッド塗料」という条件をクリアーしている塗料がいいです。 外壁点検を行い劣化の症状から判断 ・汚れはどれくらいでているか。(カビや藻類なども含めて)  塗装するときはクリーンイオン洗剤を使って汚れを落とす。使う塗料は抗菌効果がしっかりとしているものを選ぶこと。(メーカーによって後入れの粉上の抗菌剤を入れて混ぜるというものがあり、不具合が起きやすく、効果も短いことが多い) ・ひび割れ、ボードの亀裂などは大丈夫か。(手の届くところは補修だけでもすぐに行っておく)  クラックと呼ばれているのがモルタルなどのひび割れ現象。竪に直線的に出ているものは、ラスボード(モルタルを施工するための下地ボード)の継ぎ目の可能性が高い。横に流れているクラックは雨水侵入しやすいので注意。3mm以上の幅でクラックが出ているような場合は、モルタルをV又はUの字に切り込みモルタルを詰めなおす作業が必要です。サイディングボードの亀裂はコーキングで塞ぎますが、割れ具合や腐食具合が激しい場合は交換のほうが得策です。(廃板となっている場合もあります) ・塗膜が紫外線劣化によりチョーキング(触ると粉上に塗料が手についてしまう)していないか。  チョーキング現象は放置している期間が長い場合に、粉上になった塗料が雨が降るたびに流されてしまうため、ムラや色抜けが起きてしまいます。再塗装時は高圧洗浄でしっかりと流し落とすことが必要です。日当たりが良い場合、上記載した「ラジカル制御形ハイブリッド塗料」が良いです。 ・窓回りのコーキング、ボードのコーキングに隙間はしょうじていないか。  雨漏りの要因にコーキング劣化という問題があります。雨水が回りやすいのでコーキングが大きく隙間を生じていたら相即修繕しましょう。コーキング自体が取れたりしている場合などはなおさらです。コーキングはやり方があるので弊社まで御連絡いただければお伝えします。プロは材料もやり方もこだわりがあるので工事御依頼いただけた際には御安心頂けると思います。 ・屋根の棟押さえ等が緩んだりしていないか。  カラーベストであれば棟の部分に雨押えという金物が取り付けられています。雨押えの内側両サイドに抜き板という板材がついています。金物から抜き板に釘が打ってありますが、雨水が多少入り込むので抜き板が腐ってしまうことがあります。そのような状態ですと釘が効かなくなります。台風などで雨押え(長いもので3m近くありますので危険です)が飛んでしまうと危険ですので屋根工事の際には状態を確認しましょう。 ・屋根の防水性は保てているか。  セメント系の瓦、カラーベストなどの瓦は塗膜防水を維持する必要があります。屋根は外壁に比べ条件が厳しい(ダイレクトに雨、紫外線の影響を受ける)ので耐候性の良い塗料でこうじしましょう。また高日射反射屋根用遮熱塗料というものがありますので、カラーベスト系(厚みが5.3mm前後のもの)瓦であれば有効です。金属系屋根材瓦の有効です。 ・木部・鉄部などの痛み(腐れ・錆など)がでていないか。  破風板・雨戸・戸袋・窓枠などは木製でできていることもあります。木製であれば早ければ新築でも7~8年で塗膜が剥がれたりすることもあります。鉄部は傷む前に塗装する必要があります。木部、鉄部ともに劣化してしまうと形が崩れてしまうので早めにこしたことはありません。   外装工事も御検討しませんか? ハウスメイク牛久では現場調査を行ったうえで積算します。調査の際に気なる外装部分も、仮設足場があるからこそできるものもあるので検討しませんか。例えば雨樋補修、交換、羽目板、破風板などの板金巻き工事、雪止め金具がついていなければ雪止め金具設置、高所のサッシ工事(2階の雨戸設置や、カバー工法などでの断熱サッシへの交換)などを同時に行うと、コスト削減に繋がります。 ベランダの防水塗装の施工も大事な工事です。バルコニーの床面の亀裂などから雨漏りするケースもあります。またバルコニーの笠木などからも同じことがおきることがあります。ハウスメイク牛久では住宅の劣化から目を背けず、真摯に向き合っています。ハウスドクターとしての使命感もあります。牛久近隣では外壁・屋根塗装専門店の看板がかかっているにも関わらず、洗面台交換をしてほしい、玄関のドアの修理依頼、内装床の工事、クロス工事、フェンスの交換、給湯器の交換、トイレの交換など御相談に来られます。同じ場所で長く商売をしていますので「あの店ならもしかして相談聴いてもらえるかもしれない」ということでしょう。 土浦店ではコロナウィルス対策も万全な上、広々した商談スペースがありますので近くにお越しの際はお立ち寄りください。秋の塗装キャンペーンも9月14日より実施しています。安心な工事、満足できる工事を行い、商品券をゲットしましょう。(詳しくは新聞広告で)       2021年9月12日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報イベント情報豆知識

賢い業者選び 外壁・屋根塗装業者の真実はいかに ハウスメイク牛久

こんにちは、ハウスメイク牛久WEB担当SAIZOです。 SAIZOの名の由縁は、動物のサイと象をもじってSAIZO。おそらく身長はそこそこなのですが、私の印象がデカイというイメージをたとえたのでしょうか。名前もSAITOですし。 インターネットでの閲覧・検索が誰でも環境を作ればできる時代なので、お客様の大半の方が「業者探し」「広告をみてからの業者確認」をホームページで行っています。それだけに弊社でもホームページの内容充実をはかっています。ブログ(スタッフブログ・施工事例・お客様の声)を通し最新情報をお届けし、お役に立てるよう努力しています。   外壁・屋根塗装専門店として評価されている茨城県南地域の 業者ベスト5(SAIZOの経験からの個人的主観) 以下記載の業者は実工事費(広告上の金額はあくまでも最低限の目安のことが多いですが)が安定しており、施工棟数も他社とは比較にならないと思います。経営の安定性ということも大事な判断基準であり、外壁・屋根塗装専門店として15年以上の実績・評判を保っているということも大きな要因。また有店舗(ショールーム)ということで相談に行きやすい。 1. 株式会社プラチナコーティング(守谷市みずき野)1996年設立 オールラウンドな塗料扱いができている。 2. 街の外壁塗装やさんつくば土浦店・株式会社 霞美装(土浦市神立)2015年設立 アステックペイントの塗料が中心。 3. プロタイムズ取手・株式会社 石井建装(取手市宮和田)2007年設立 アステックペイントの塗料が中心 4. プロタイムズ土浦・有限会社 藤井塗装工業(土浦市上高津)1989年設立 アステックペイントの塗料がが中心 5. 株式会社 ハウスメイク牛久(牛久市栄町)1989年設立 プレマテックスの塗料を中心とし、オールラウンドな取り扱い可能。 ※総合リフォーム店では塗装職人の教育・塗装実績・塗料へのこだわりなどが感じられない。営業も現場経験が短い。(宣伝的に外壁塗装専門店の看板を併設している)塗装後の評判も今一つみたいです。訪問販売の塗装業者は工事内容と価格のバランスが悪い。安い塗料を高く販売。(値引きすれば契約できると思っているため50万円の値引きでさえ起きうるようです。)個人塗装店は価格は安くなるが、耐久性に乏しい塗料をすすめてくることが多い。(会社倒産したら保証もアフターも期待できない、現実倒産会社は出ています)   ハウスメイク牛久への問合せはこちら HOUSE MAKE USHIKU お問い合わせフォームへ   Google Yahooでの検索上位業者は信用できるのか? 外壁塗装 茨城県で検索  土浦市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 取手市 守谷市などで検索してみると左上に広告、またはグーグルマップに載っている業者を除き、純粋に検索上位を調べてみると良いと思います。広告はお金を払っているので1ページ目の上に掲載されている。グーグルマップの記載はマップに登録している業者が記載されている。その下に出てくる業者が「検索順位1位の会社となります。グーグルやヤフーが専門性を高く評価、最新情報量と更新速度が速さ、検索数が最も多いなどの理由がないと上位に来ません。ハウスメイク牛久では「外壁塗装 牛久市」「外壁塗装 土浦市」でともに不動の1位、「外壁塗装 つくば市」では1位または2位という状況が続いています。   業者決定までに相見積もりはしておく 価格の比較はもちろん、業者ごとに担当者の力量(目利き・提案力・管理能力)が違うので相見積もりをとって聞き比べましょう。内容があまり違ってしまわないように、修繕箇所、色合い、希望時期、希望する耐久性や塗料名などをしっかりと決めておき、各業者に同じように伝えた上で積算してもらうと良いと思います。 業者決定(契約を交わすまでに)までに、現場を見ておく 近隣で完了現場を持っていない業者は通り一遍の仕事しか期待できないので避けた方が良いと思います。優良業者は月間に最低でも10軒以上は工事していますので、工事中現場も完了現場も場所などを聞いておけば確認できます。 見積項目のチェック(整合性をとろう) 見積項目の数量の整合性は大丈夫ですか?この数字で工事金額が変動するわけなので、数字の根拠を聞くべきです。「足場の面積はどのように算出してあるか」「塗装面積の計算方法」など1番工事費に影響を及ぼす項目については各業者の見解を聞いてみましょう。納得できない業者もかなりいますから。経験上からお話しますと、塗布面積で50㎡以上(50㎡×3工程で15万円の差がでることも)、足場面積、金額で5万以上差が生じていることもありました。ハウスメーカー(大手はとくに)の場合ですと足場で10万以上高くなっていることが多い。(足場はどこが仮設しても同じ結果だし、かけて、はらってなので何も残らないです。) 提案してある塗料をネットなどで調べてみる 提案してある塗料がもし、耐候性1種でなく耐候性2種であったらどうします?耐候性1種であれば促進耐候性試験の結果、約10年換算で光沢保持率が80%以下にはなりませんが、2種の場合は80%以下になってしまうため、美観も防水性も激落ちしてしまいます。 現在では紫外線劣化の要因であるラジカルを制御し長持ちさせる塗料(ラジカル制御形)が主流になっています。ラジカル制御形の塗料は主原料がそれぞれ違ったり、無機質が多く含まれる有機と無機のハイブリッド塗料などもあり判断しにくいことが多いです。ひとつ経験上言えることは、アクリル系樹脂は「特殊なアクリル」と称したものでも、現場での経年劣化を見てみると耐久性があまりよくありません。耐久性に自信のある塗料はカタログなどの表記に、・・・・無機塗料というように無機と表記されています。耐久性も15年以上期待できるはずです。実験場の結果が20年超であっても、屋外の現場経過では同じ結果にならないことが多いです。各社各メーカーによって質感や機体耐久年数なども違っていますのでネットで、又はメーカーに聞いたりして調べてみることも大切ではないでしょうか。   追記:現代社会では気象条件もかなり深刻化し、紫外線量や気温も上昇傾向にあります。住宅を長期にわたり、健康的で快適に過ごすためには定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンス期間を少しでも伸ばして安心して住まれるためには、しっかりとした工事内容と信用のおける業者で行う必要があります。弊社がどこまでの信用性や評価を得られているかは数値では表せませんが、お役に立てる情報、提案などを行える自信はあります。他社でご縁があり断られてしまうケースもございます。また弊社においてはしつこい営業もいたしておりません。(社長の方針で、地域に根差す住宅のドクターは手術してくださいなどとお願いしない。判断はあくまでも施主様に委ねてます。) ハウスメイク牛久では現在牛久本店と、土浦店の2店舗営業をしております。牛久市・龍ヶ崎市・旧茎崎(現在はつくば市)・取手市・稲敷市・利根町・守谷市を牛久店で、土浦市・つくば市・石岡市・阿見町・美浦村・つくばみらい市・行方市方面を土浦店で対応しています。まずはお問合せいただきたいのですが、夏季休暇などお休みときは電話はつながりませんので、ホームページに休日カレンダーを掲載しておりますのでご確認の上、御連絡下さい。心よりお待ち申し上げます。  WEB担当SAIZO お問い合わせ・お見積依頼|茨城の土浦市・つくば市・牛久市で外壁塗装・屋根塗装のことならハウスメイク牛久 (ushiku-tosou.com)(休日カレンダー下に記載してます)               2021年7月24日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報お知らせイベント情報日誌豆知識

外壁塗装・屋根塗装、現在も牛久市・龍ヶ崎市・土浦市・つくば市で現場稼働中!塗装知識をふやしましょう。

茨城県県南NO.1の外壁工事店、外壁塗装・屋根塗装はもちろん、屋根の金属製カバー工法でのリフォーム数も圧倒的な現場数を誇るハウスメイク牛久でございます。 その会社において、現場経験豊富な私WEB担当を兼務しております猫三郎(WEB名)です。早いもので1月からWEBの記事を更新していますが、6月も今日が15日です。ほぼ1年のうち半分が過ぎようとしています。梅雨時期に入るので、他社では現場確保に相当苦労する月です。弊社の工程ボードを見ますとほぼ満杯。職人もフル稼働でございます。 [embed]http://youtube.com/watch?v=mBvoI01gAlo[/embed] 販促には十分に力を注いでいますので、お客様の目に触れる機会数も激増しております。ロードサイドに建てています看板、電飾看板、役所内のTVに放映されているCM,ホームページ、新聞の折込チラシ、ポスティングチラシなど。次月より、ライン広告、スマホアプリ広告なども始めます。様々な媒体を通して会社を知っていただき、相談事あるときに「そういえば、ハウスメイク牛久の広告・WEBに出ていたな、こんな修理でもきてもらえるか」と思い出していただき、利用していただけましたら幸いです。   ・塗り替えを検討し、様々な情報を収集すると「あれ?どっとかな?、本当はどうなの?」など迷われることも多いと思います。そんな中で「屋根・外壁塗装、同じ塗料で塗装できるのか」という疑問にぶつかると思います。基本どんなものでも下地材を変えることで大抵ののものは塗装できます。プレマテックスでは、同じ塗料で外壁・屋根の塗装を可能にしています。「屋根用耐候性強化色」をお選びいただければ、ラジカル制御形無機塗料でも屋根に塗装することができます。 ・屋根と外壁では塗膜の劣化スピードが異なります。屋根と外壁では太陽に対する角度が違うので日射量は大きく変わってきます。 ・日本の四季には太陽光の入射角(太陽光が差し込む角度)が大きく影響しています。夏の太陽は冬に比べて高い位置にあります。入射角度が90度に近づくほど受ける熱量も紫外線も多くなります。これと同じで外壁と屋根では太陽に対する角度が違うので日射量は変わってきます。塗膜劣化の大きな要因の一つが紫外線であります。屋根と外壁を同じ塗料で塗ると、耐候性(塗膜の寿命にかかわる)に差が生じることになります。そのようなことから屋根は外壁より耐候性の高い塗料が推奨されます。 ・屋根用耐候性強化色とは、屋根用に特化した配合と朝食方法で組み上げた屋根専用のカラーバリエーションです。屋根用耐候性強化色は外壁と同じ塗料を使いますが、外壁と同じ色調を日射条件の厳しい屋根に対して塗装すれば、有機顔料の劣化に伴って変色や退色は早まってしまいます。そこで、屋根用耐候性強化色は、有機顔料を極力使わずに黒、茶(赤さび)、黄土などの耐候性の高い無機顔料で朝食配合を組んでいます。 ・光安定剤(HALS)を高配合し、色褪せの進行を抑制するために屋根用耐候性強化色は、その顔料を守っている樹脂そのものが外壁の1.5倍の日射量に耐えうるように、塗料中の光安定剤の配合を増やすなどの工夫もされています。耐候性を最大限に発揮するために「艶あり」のみとなっています。   ・「夏場の暑さ対策になりますよ」と、塗装業者に屋根や外壁の塗装に遮熱塗料をすすめられることがあります。遮熱塗料を選ぶにしても選ばないにしても、御自身が納得の上後悔のない塗料選択ができればよいので、塗料製造メーカーの観点、営業サイドからの観点も加味して御説明いたします。 ・遮熱塗料(高日射反射率屋根用遮熱塗料)の需要推移 ・夏の暑さ対策や省エネに寄与する高付加価値塗料であれば、もっと出荷量が伸びてもいいはずですが、効果が期待できる屋根塗装においても遮熱塗料のシェアは依然として低く、近年では減少傾向にさえある状態です。工場などの折半屋根(金属製の屋根)であれば8割以上遮熱塗料、または遮断熱塗料で施工しています。「ペイント&コーティングジャーナル」の記事に記載されている内容からは、以下の通りです。 「戸建住宅においては、屋根裏に断熱材が入っていること、開口部が多いことから遮熱の効果が実感しにくいことが指摘されているが、懸念を強めているのはむしろ遮熱塗料の性能に対する武方だ。遮熱塗料は変褐色が早いという指摘。住宅向けに濃色タイプの遮熱塗料が投入された始めた時期に頻発した現象だが、配合顔料の耐候性が異なることによって起きた変色トラブルは、その後のユーザーの製品選択に大きな影響を与えた。」 ・耐候性の異なる複数の異なる顔料を混ぜ合わせた結果、耐候性の低い顔料から劣化していくため経年で思わぬ色調に変化してしまったり、特殊な黒顔料を使ってもカーボンブラックほどの耐候性がないために変色や退色が早くなってしまいます。     従来の遮熱塗料の概念を変える。耐候性を維持し早期退色不安をけいげんした「ECOルーフ」  By プレマテックス 遮熱塗料の課題であった変色・退色のリスクを設計段階から見直し・改善。耐候性と遮熱性の両立を実現しました。 ・変色制御混色で退色・変色リスクをコントロール。遮熱塗料は通常、太陽光(近赤外線)を大きく吸収するカーボンブラックを使わないことで遮熱性能を向上させていますが、退色に強く耐候性に優れたカーボンブラックを使わないことは、一般塗料以上に退色・変色のリスクが生じる要因となっていました。ECOルーフは特殊黒顔料等に依存せず、耐候性に優れた顔料同士の退色速度を揃えることで早期退職不安を軽減しました。 「ECOルーフ」「一般屋根用塗料」の比較 ・室内の温度上昇の要因である太陽光(近赤外線)を反射し、蓄熱を抑制することで夏場でも室内温度の上昇を抑え、省エネ・節電に繋がります。さらに高耐候性、低汚染性により塗膜表面の劣化を防ぎ、遮熱性能を長期にわたり保持します。     遮熱塗料を「保護コーティング」して耐候性を向上! インテグラルコート ・プレマテックスの「保護コーティング」という考え方。これまでの、標準的な塗装工程というと「下塗り+中塗り+上塗り」の3工程でしたが、その上塗り塗膜を透明なコーティング材で保護し、塗膜の耐候性を延ばす画期的な住宅塗装工法。オーバーコート、4工程(3工程仕上げした上に保護コーティング)にすることで従来の耐久性を飛躍的に向上させることができます。 詳しくはことらの動画参考 [embed]http://youtube.com/watch?v=evfxXIVas2k&t=43s[/embed]     2021年6月15日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報お知らせイベント情報日誌豆知識

外壁・屋根塗装専門店 販路拡大計画実施中! つくば市・つくばみらい市・龍ヶ崎市

茨城県土浦市永国にあります外壁塗装・屋根塗装専門店のハウスメイク牛久 土浦店です。 土浦市を中心に、かすみがうら市、石岡市、つくば市、阿見町の外壁塗装・屋根工事、葺き替え工事に力を入れております。 私、土浦店のブロガー SAIZO(サイゾー)と申します。宜しくお願いいたします。 つくば市・土浦市・かすみがうら市には塗装の業者がたくさんおります。 外壁・屋根塗装に特化している会社は3社ほどあります。実績数ではハウスメイク牛久が一番ですけれど。 その中で塗装専門店として20年以上のしっかりとした業績をのこしている業者になると2店舗です。 その中で地域密着型の店舗(ショールーム型の有店舗)を2店以上構えているのはハウスメイク牛久。(牛久店・土浦店) 創業33年、塗装専門店としての信頼を勝ち得て地域に深く根差しています。 相談来店者数、折込広告からの見積依頼数、WEBからの相談案件・見積依頼案件数・Gogle口コミ数すべてに抜きに出ているようです。 職人は仕事が多ければ多いほど技術が高まり、意識も高いものです。仕事を切らさないからついてきてくれています。 いい職人ほど意識も高く、仕事が好きで、半月も仕事が切れるとよそへ行ってしまいます。 ハウスメイク牛久では常に同じ職人が6班~7班動いています。お客様のアンケートからもわかるように高評価を受けています。   Q1. どちらを信頼して選びますか? 事例1. 工事費120万円 使用塗料アクリルシリコン樹脂塗料 材料費10万円 工事日数5日(足場別で延べ人数10人) 事例2. 工事費100万円 使用塗料アクリルシリコンと無機のハイブリッド塗料 材料費20万円 工事日数7日(延べ人数16人) A. 当然事例2でしょうね。お客様にとっての価値は「材料と手間」なのですから。 A.に対するQ. 契約前にどう見切ればよいですか? 材料費や手間を見積書の説明で質問することが1つの約束となるので聞いてください。   Q2.  どちらのタイプが好きですか?(担当営業マン) 事例1. 調子がよく空気をすうようにオーバートークを連打する調子者の営業マン。 事例2. 人の話はよく聞いてくれるが、あまり多くしゃべらない真面目タイプの営業マン。 SAIZOの社訓:営業にとっては100軒のうちの1軒の案件、1/100であるけれど、お客様にとっては1/1。   Q3. あらかじめ判っていたらどうだったでしょう? 事例1. 値段の割に程度の低い外壁塗装 事例2. 値段は高いとおもったけどれ工事技術の高い外壁塗装   Q. ハウスメイク牛久 土浦店が外壁塗装・屋根塗装専門店として特化している点は? A1. 塗装専門店として他社との差別化を図るため、使用塗料はメイン材はすべて無機塗料です。  A2. 店舗に相談スペースと商材を展示し、わかっりやすく説明できるようにしています。(ショールーム化) A3. 1級塗装技能士の在籍している店として、その他職人も経験豊かなスタッフばかりです。   SAIZO日誌 ・ある朝の事、2020年正月あけ一発目の出勤でのこと。 ・「冬休みに静岡行ってきました~ 大室山気持ちよかったです。360度パノラマの景色がよかった~。そこでハウスメイク牛久の社長様の一言!「大室山も龍ヶ崎市のたつのこやまもかわねーだろ~」愕然とするSAIZO. その後2020年のSAIZOの営業成績が落ちたのは言うまでもありません。(笑)でも一瞬ほんまや~と思ってしまいました。   龍ヶ崎市のたつのこやまと静岡県の大室山の雰囲気が似てます。しかし見える景色は雲仙の差。 左が龍ヶ崎市 たつのこやま 右が静岡県伊豆半島 大室山 下記写真が見える景色(もちろん下記画像は伊豆 大室山) たつのこやま下界             2021年5月25日 更新
現場情報お知らせイベント情報日誌豆知識

外壁・屋根塗装  需要ピカイチ 土浦市・つくば市

こんにちは、株式会社 ハウスメイク牛久 土浦店のWEB担当の SAIZO(サイゾー)です。 お客様にとって有益な情報、最新情報をお届けしたいと思っております。 ハウスメイク牛久は外壁塗装・屋根塗装・屋根葺き替えなどの専門店です。牛久店が本店で、2019年秋に土浦店をOPENさせました。 皆様に認知していただくのに1年半近くかかりました。しかし最近ようやく自然来店も増えてきました。ショールームとして店を構えていますので、お客様が気軽に立ち寄っていただけるみせでなくてはなりません。できるだけ多くのサンプルや紹介写真を展示しようと努力しています。 国道354号線を荒川沖方面に走り、天川団地入口を過ぎて二又に分かれる道の左側を行き、中村陸橋の少し手前の左側にございます。大きな看板と広々とした店舗ですのですぐわかると思います。 土浦店は土浦市永国が所在地ではありますが、近い将来、つくば市に根を下ろし地域密着型の外壁・屋根塗装専門店となるようにつくば市との境目のテナントにしました。 年度ごとに市のリフォーム助成金の有無はかわりますが、土浦市、つくば市はリフォーム助成金を受けることができる市町村です。本年もスタート早々(4月1日)予算いっぱいとなり打ち切りました。(土浦市)詳しくは土浦店・店長 川名まで。 つくば市には塗装店(塗装を依頼できる業者)は数多くありますが、塗装工事に特化した有店舗塗装会社はほとんどありません。そんなこともあって弊社ではつくば市・つくばみらい市の外壁塗装の需要拡大を図り地域1番店を目指しています。(自信はあります~) 私も営業かけだしの頃、つくば市がテリトリー(自分の拠点)でしたので思い入れが強いです。 つくば市で外壁・屋根塗装をご検討されていらっしゃるようでしたら、ハウスメイク牛久 土浦店までお問合せ下さい。最高の条件で提案できます。 [embed]http://www.youtube.com/watch?v=5daGAyVDIi0[/embed]   創業33年の外壁塗装・屋根塗装の専門店です。 塗装以外の内外装リフォームも行っております。 雨樋交換・屋根葺き替え・漆喰直し。雨漏り修繕などを含む外装工事。 床・壁・サッシまわり、水回りなどを含む内装リフォーム全般。 マンション・アパート・倉庫・工場などの塗装工事全般。 エリアはつくば市・石岡市・かすみがうら市・稲敷市・阿見町・美浦村・つくばみらい市・守谷市・常総市・利根町・取手市・龍ヶ崎市に及びます。 もちろん御要望あれば下館市・下妻市・桜川市・茨城町、千葉方面では我孫子市・印西市・柏市・松戸市・野田市・流山市まで喜んで出向かせせていただきます。   1. 外壁塗装・屋根塗装・屋根工事専門店 ハウスメイク牛久は何が魅力的か ・地域密着型のスタイルで信頼も厚く、近隣現場数が圧倒的である。技術力の高い職人で工事ができる。(塗装職人・板金職人・大工・設備職人など) ・現場調査が迅速です。屋根調査も8割はドローンによる調査でその場で状況を確認できます。 ・ショールームがあるので来店時に商材を確認したりできる。(カラーサンプルも豊富) ・塗料に特化している。(専門店でしか取り扱えない質感の良い塗料が選べる。) 2. 業者選びのポイント ・茨城県県南はリフォーム業者にとっては激戦区となっております。塗装専門店として看板を立てている業者だけでも20社以上あります。 ・安心して任せられると判断できる業者は、ホームページの最新情報が常に更新されている。 ・創業10年以上の知名度の高い業者を選ぶ。 ・近くで現場があるか聞いてみる。実績がきちんとあるか確認する。できれば訪問販売営業会社は避ける。(アフターが良くない、価格帯がでたらめが多い) 3. 予算の見方・とらえ方 ・建物の大きさをしっかりと把握しておいてください。2階建て、延べ床面積など。(1,2階の合計30坪、あるいは㎡数で)業者によってはかなりアバウトな積算していますので注意してください。実塗り面積は窓などの開口部は除外してあるものです。 ・建築図面を原寸大(縮尺度を変えずに)でコピーしてください。㎡数、坪数、屋根の傾斜率などが見積もり数値に影響してきますので。 ・広告上の金額はどこの業者でも建物の大きさを小さく掲示している。修理金額は含まれない。ゆえにプラスアルファで1~2割程度上乗せして考えておくと良いでしょう。 ・延べ床面積35坪で塗り面積が150㎡とした場合、大まか150×5000~7000円で考えておくと良いでしょう。   ●ハウスメイク牛久塗装工事 標準価格 ※仮設足場・塗料代・洗浄費用・養生費用・3工程の塗装費用・付随している木部・鉄部塗装などが含まれます。近年多くなっている窯業系サイディングの目地打ち替えなどの費用は含まれていません。屋根については雨漏り防止部材(タスペーサー取付費用)や傾斜がきつい場合の歩行足場などは含まれません。   4. 外壁・屋根の特徴や劣化 ・外壁の素材について モルタル・窯業系サイディング・金属サイディングなどが主な素材です。 ・屋根については陶器瓦・セメント系瓦・金属瓦などが主な種類になっています。 ・モルタル壁とは、水とセメントと砂を1:2:5の割合(適宜調整する場合もあります)で混ぜ合わせた素材で形成されたモルタル下地によって作られた壁です。主成分がセメントで構成されており、非常に丈夫なイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、モルタル壁自体の防水は低いです。塗装で表面に防水性を持たせています。ひび割れしやすいので注意しましょう。 ・窯業系サイディング材とはセメントに繊維質を混ぜ、板状に形成した外壁材です。機能性やデザイン性に優れており、日本で使われるサイディングボードのほとんどが窯業系サイディングです。劣化しやすいのでこまめなメンテナンスや塗装が必要です。意匠性が高いもの、タイル柄などは早めのメンテナンス(塗装)が必要です。   5. 塗料選択 ・素材にあったものを仕様すること。長寿命と想定できる塗料を選ぶこと。 ・モルタル壁はひび割れに追従できる弾性系塗料を選択肢に入れておくと良いです。 ・窯業系サイディングには密着性の高い下塗り材を選ぶことが大切です。上塗り材はラジカル制御形のシリコン成分が強いものかよく聞いてください。心配なときは製造メーカーに直接聞くことをお勧めします。力のない担当者は知識がなく、経験不足から選択ミスをするということもあり得ますから。   ・ハウスメイク牛久 土浦店で積算してみましょう。経験豊かな担当営業がしっかりと調査を行い、損のない提案をしてくれるはずです。私SAIZO自ら施主様の立場でプランニングして見せます。牛久本店は社長を筆頭に20年以上のベテラン営業ばかりです。経験に裏打ちされた確かな実績、自信に満ち溢れた会社でございます。どうぞ、宜しくお願いいたします。   [embed]http://youtu.be/a1BSL76nB0s[/embed] 2021年5月23日 更新
外壁・屋根塗装のご案内お知らせイベント情報日誌豆知識

つくば市・土浦市の外壁塗装は専門店へ ハウスメイク牛久

こんにちは、ハウスメイク牛久 WEB担当の猫三郎です。 いよいよ夏を意識する時期になりました。 これからの時期は強い紫外線で外壁・屋根はかなり影響を受けます。 塗装の本来の目的である素材を保護(防水効果)が機能していますか。 新築時の塗装、前回の塗り替え時の塗装で外壁や屋根は守られていますが、見直しする時期にきていませんか。 これから夏に向け万全の準備をしておきましょう。 まずは無料点検をおこなってみませんか? 屋根の状態はなかなか御自身で確認することは難しいです。 上記載の画像は和瓦の改修工事(棟の漆喰なおし)の画像です。 上記画像はノンアスベスト初期のカラーベストです。今から13~18年前に多く出回った問題ありのカラーベストです。 瓦の圧縮されたはずのセメントが剥離しています。歩いても割れてしまう。洗浄工事はできないと判断します。 この状態では屋根塗装はできません。葺き替えを行うことをお勧めします。   上記画像は屋根葺き替え(金属製カバールーフ施工)の様子を紹介するものです。 ニチハ製 横段ルーフシリーズです。耐久性抜群の上、断熱効果も高まるという優れものです。   外壁塗装 INTEGRAL COAT (インテグラルコート)保護・強化・延長  上塗材を「護る」という新発想。従来の常識を超えた、全く新しいこれからの住宅塗装工法 3工程の塗膜を保護することで耐候性を10年延ばす画期的なコーティング材登場 この従来の工程プラスワン 4工程目のオーバーコートを施工する。 [embed]http://youtu.be/evfxXIVas2k[/embed]   お問合せはこちら 見積依頼・リフォーム相談・現場調査・商品についてなど HOUSE MAKE USHIKU お問い合わせフォームへ     断熱塗装 SHADAN NEO(シャダンネオ) 水性1液反応硬化形シリコン系断熱塗料 シャダンネオの特長 【断熱性】冬は熱移動を最小限に抑えることで外部の冷気をさえぎり室内の熱を逃がさない。 【遮熱性】夏は太陽熱を屈折させ反射させることで建物の温度上昇を抑制。 【耐候性】耐候性に優れ紫外線や雨水などから長期にわたり建物を守り続ける。 【吸音効果】微小中空セラミックバルーンのセラミックが音を反射し中空部で音を吸収軽減。 【水性タイプ】水性なので臭いがなく人と環境にやさしい。 断熱性能と遮熱性能 シャダンネオの断熱性能は冷暖房時の室内空気を外へ逃がさず効率よく循環させることで節電へと繋げます。また、遮熱性能は太陽光を屈折させ反射させることで建物の表面温度上昇を抑制します。 シャダンネオを中塗りとして使う シャダンネオを中塗りとして塗布し遮熱塗料をう。 プレマテックス製 シャダンネオ+ケイセラチタンクールでの検証でも、シャダンネオのみの工程より中塗りでシャダンネオ、上塗りでケイセラチタンクール(遮熱塗料)を塗ったほうが6℃も裏面温度が低下した。     2021年5月完成現場紹介 牛久市さくら台3丁目 外壁・屋根塗装工事 ※施主様本当にありがとうございました。また動画紹介の御協力ありがとうございました。 [embed]http://youtu.be/4wgUK3cY1XU[/embed]   ★「オリジナル塗料とは何ぞや」 最近、競合他社とバッティングしますと「オリジナル塗料」で積算し特徴を出そうとする会社が多いです。 ネットで検索しても出てこないのが「オリジナル塗料」です。正体不明のOEM商品とも言えます。 塗装業者は、どんなに施工品質の高さをうたっても、どこでも手に入る塗料メーカーの塗料を使用する以上は、ある程度の価格競争は避けられません。 受注したいと思うあまり無理に利益を削って工事金額を安くすれば、当然施工品質は低下し、結果クレームが発生するなど、どこかにしわ寄せが来ます。 そこで、できるだけ他社との競合を避けて利益を確保するひとつの手段として、「自社しか扱えないオリジナル塗料」をつくり、競合他社との差別化を図るのです。 「オリジナル塗料」はどのように作られているのでしょうか。 建築用塗料には耐候性のほかにも作業性や各種耐性、隠ぺい性、安定性、乾燥効果や粘土など、塗料として当たり前になくてはならない様々な性能基準があります。 それらを満たす塗料を作るとなると、塗料に関する高い知識はもちろん、必要な原材料のルートの確立、度重なる試験、そしてそれなりの設備が必要であることは想像できるかと思います。 結論から言えば、塗料は施工業者やフランチャイザーがゼロから開発製造できるものではありません。 オリジナル塗料は塗料メーカーが製造している塗料です。過剰に不安視したり毛嫌いしたりする必要はないと思います。メーカー品を超える性能の塗料でもないということです。 不安や不明なことがある場合は、日本塗料工業会という団体がありますので問合せしてみてください。   Q & A Q1. どちらを信頼して選びますか? 事例1. 工事費120万円 使用塗料アクリルシリコン樹脂塗料 材料費10万円 工事日数5日(足場別で延べ人数10人) 事例2. 工事費100万円 使用塗料アクリルシリコンと無機のハイブリッド塗料 材料費20万円 工事日数7日(延べ人数16人) A. 当然事例2でしょうね。お客様にとっての価値は「材料と手間」なのですから。 A.に対するQ. 契約前にどう見切ればよいですか? 材料費や手間を見積書の説明で質問することが1つの約束となるので聞いてください。 Q2.  どちらのタイプが好きですか?(担当営業マン) 事例1. 調子がよく空気をすうようにオーバートークを連打する調子者の営業マン。 事例2. 人の話はよく聞いてくれるが、あまり多くしゃべらない真面目タイプの営業マン。 SAIZOの社訓:君にとっては100軒のうちの1軒の案件、1/100であるけれど、お客様にとっては1/1。 Q3. あらかじめ判っていたらどうだったでしょう? 事例1. 値段の割に程度の低い外壁塗装 事例2. 値段は高いとおもったけどれ工事技術の高い外壁塗装 Q. ハウスメイク牛久 土浦店が外壁塗装・屋根塗装専門店として特化している点は? A1. 塗装専門店として他社との差別化を図るため、使用塗料はメイン材はすべて無機塗料です。  A2. 店舗に相談スペースと商材を展示し、わかっりやすく説明できるようにしています。(ショールーム化) A3. 1級塗装技能士の在籍している店として、その他職人も経験豊かなスタッフばかりです。         2021年5月11日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報お知らせイベント情報日誌豆知識