塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

外壁塗装のご相談の記事一覧

土浦市WEB戦争! カラーについての参考文献! ハウスメイク牛久

こんにちは、ハウスメイク牛久WEB担当:猫三郎 です。 ここのところ相談案件が少しずつ減少傾向にあります。新聞折込の効果も1割~1割5分位減少。これは新聞購読者の減少に比例しているものと判断しています。また近隣の競合他社も必死に折込広告を入れておりますので激戦苦戦時代に突入したものと思われます。 各社WEBへの介入、リスティング広告、ブログなどの更新など積極的に進めています。検索した時に左上に広告と表示されているのが「リスティング広告」という有料広告となっています。検索順位1位の会社はグーグルからホームページ内容が評価されている会社です。「外壁塗装 牛久」「外壁塗装つくば」などのフレーズでGoogleで検索をかけてみて下さい。 下記紹介画像が「リスティング広告」 下記画像のその他のビジネスの下から検索順位1位の業者となります。牛久市で引けば必ず弊社が一番に出ます。これは33年以上積み上げてきた実績がものを言っております。現在土浦市では3位、つくば市では4位となっています。   お客様が知りたい情報などを見やすく分かり易くなっているか評価されます。更新の頻度も高くなければなりません。会社の運営状態の目安にもなります。 検索ワードというものが設定されているので、そのワードも自然な感じで文面などに表れているとなお宜しいです。リンク等の挿入も出来ていることが高評価に繋がるようです。正確に評価対象がどのようなものかわかりませんが、今まで書いて経験した感想からそのようなことであると確信しております。   外壁塗装の色選びの失敗ナシ!ご自宅の写真でできるカラーシミュレーションがおすすめ   外壁塗装は家の補修だけでなく、見た目の美しさや印象も大切です。一度塗ると次の塗り替えまでその色のお住まいで過ごすことになるため、外壁塗装においてどのような色を選ぶかは非常に需要な要素です。 ですが、色について専門の勉強をしたわけでもないのに、どのような色の組み合わせをすればよいのか判断するのはなかなか難しいですよね。そのような時に便利なのが、お住まいの家の画像を使用して塗り替え工事完了後をイメージしていただけける「カラーシミュレーション」です。 今回は色選びの方法や注意点、そしておすすめのカラーシミュレーションサービスについてご説明いたします。 外壁塗装における色選びの方法 カラーシミュレーションをご紹介する前に、色選びの方法として色のサンプルを確認できる「色見本」についてご説明します。色見本には大きく次の3つがあります。 1. 日本塗料工業会の色見本帳 (一社)日本塗料工業が発行している塗料標準色全640色が載った色見本帳です。この標準色に記載の色番号を指定すれば、各メーカーで発売されている塗料を指定の色にすること(調色)が可能です。ですが住宅塗装には向いていない色も含まれており、また、すべての塗料製品が対応している訳ではありません。 2. 塗料製品ごとの色見本 各塗料メーカーでそれぞれの塗料製品ごとに発行している色のサンプル見本です。主に塗料の製品カタログなどに付いていることが多いです。塗り替えの経験がある方はこの色見本から選んでお願いしたという方もいるのではないでしょうか。 3. 塗り板の色見本 A4サイズの板に、指定した色を実際に使う塗料で塗装した見本です。実際の質感や艶感をご確認いただけますが、塗装業者によっては対応していない場合もあります。 色見本で色ぎめをする際の注意点 色見本を参考にするときには、色見本と同じ色で塗装しても「想像していた色と見え方が違う」点に注意が必要です。色の見え方が違ってくる理由は3つあります。 1. 色の面積効果による違い 「色の面積効果」とは、面積の違いにより同じ色でも色の見え方やイメージが違ってくることをいいます。  ・明るい色:色面積が大きくなるほどより明るく感じる(明度と彩度が大きくなる) ・暗い色:色面積が大きくなるほどより暗く感じる(低明度になる) 例えば通販カタログで選んだカーテンが届いたら、思ったより色が明るく感じたり、薄く感じたりすることがあるのもこの面積効果によるものです。小さな色見本で色を決める場合は、この面積効果を考慮して色選びをしましょう。 2. 室内と屋外の光源の差の違い 同じ色であっても室内(蛍光灯や白熱灯)と屋外(太陽光)では光源が異なるため、色の見え方が変わります。 3. 外壁の質感や艶を完全には反映しきれない 色のサンプルはもちろん、たとえ塗り板であっても、実際に塗る外壁と全く同じ質感・艶感を再現するのは難しいです。 外壁塗装の人気色や色選びについては以下の記事で詳しく解説しています。 【2021年版】外壁塗装の色選び!失敗しないポイント、人気の配色・トレンドなどをご紹介 外壁の色は建物の印象を決定づける重要な要素です。外壁塗装の色選びや配色で失敗しないためのポイントについて、また外壁塗装でよく使われる人気の色なども併せてご紹介したいと思います。 塗り替えイメージを見たいなら「カラーシミュレーション」がおすすめ このように、小さな色見本やサンプルだけでは塗り替え後のお住まいの全体のイメージを掴みづらいという問題があります。そこでおすすめしたいのが、実際のお住まいの家の画像を使った外壁塗装のカラーシミュレーションです。 カラーシミュレーションといってもその方法は業者さんによって様々です。主なカラーシミュレーションの方法をご紹介します。 カラーシミュレーションサイトを利用する方法 塗料メーカーや一部の業者さんのサイトなどが提供している、インターネット上で行えるカラーシミュレーションサービスです。お住まいの家に近い外観イメージの家を選んで、自分で色選びをしていきます。実際のお住まいの画像でないうえ、陽当りや周辺環境の景色も実際とは全く異なる写真を使用するので、お住まいの塗り替え後のイメージするのは難しいです。また、パソコンの画面上で行うため、正確な色合いが表示されているとは言い切れません。ですが、事前に色の方向性を決めたい方には便利なサービスです。 カラーシミュレーションアプリ(ソフト)を使用する方法 導入されている業者さんも多い、実際の住まいの写真を取り込んで色替えができるアプリを使用したカラーシミュレーションです。ある程度細部まで色替えをするとなると、それなりの操作スキルが必要になります。プリントアウトもできますが、使用しているパソコンやプリンタの機種などによって画面上の色と印刷物の色が異なる場合があります。 弊社の「カラーシミュレーション」はココが違う! 高機能な画像編集アプリを使って細部まで人の手で作業を行っているため、屋根や外壁はもちろん、ツートンカラーの塗り分けや、雨樋やシャッターボックス等の細かな付帯部分も指定した色で色替え可能です。また、写真を撮影する際に電柱や植木が移りこんでしまう場合には除去することもできるため、外壁塗装後の仕上がりを詳細までイメージしやすくなっています。 色選びからはじめたい方には「カラーシミュレーションクリヤーシート」がおすすめ! こちらも弊社のサービスになりますが、色ぎめを行う際には、実際のお住まいの家の外壁部分を透明に加工したカラーシミュレーションクリヤーシートが大変便利です。弊社の色見本帳のサイズと同じB5サイズで作成しているため、色見本帳に重ねるだけでさまざまな色のイメージを確認することができます。 おわりに 塗り替えをする際にどのような色にしたら良いか悩むことも多いかと思います。「塗装後の仕上がりがイメージと違う……」と後悔しないためにも、外壁塗装を行う前にカラーシミュレーションを実施しておくことをおすすめします。 大変恐縮ですが、今回紹介しました弊社のカラーシミュレーションとカラーシミュレーションクリヤーシートは、弊社で塗り替えリフォームを行うお客様向けのサービスです。お客様に大変ご好評をいただいているサービスですので、塗り替えをお考えの方は、メーカー責任施工で安心と信頼の当サイトからのお見積りをぜひご検討ください。   お見積りの御依頼・屋根の点検・現場調査の御依頼  ハウスメイク牛久店お問合せはこちらから 工事の流れや完成画像など詳細は  施工事例はこちらから スタッフの雰囲気を是非ご覧ください。 スタッフ紹介はこちらから 工場・倉庫などの塗装工事についてはこちらから 様々なプランの概要  塗装プランはこちらから 2022年5月15日 更新
お知らせ日誌外壁塗装のご相談

26年前に訪れたつくば市で外壁塗装営業を学んだ!

朝方というか夜中というか午前3時40分み僕はパソコンを打っています。 ハウスメイク牛久 WEB大好き猫三郎です。 夜中に仕事を自宅でできるはありがたいですね。 雑音がない環境で思いのまま書けるというメリット、自由な姿勢で好きな飲み物を飲みながらできるので、自宅での仕事は意外とはかどります。今日は日中はドローン操縦のによる調査の仕事があるので、WEB管理の仕事はやってしまおうかなということもあります。 僕の仕事はショールームのディスプレイ、ショールームでの相談対応、ドローンでの点検、塗料の調べもの、WEB書き替えの仕事です。 現場仕事のブログはお客様に読んでいただいた際に参考になるものでないといけません。「今日はつくば市の外壁塗装の調査でこんなことがあった。」「土浦市で屋根の葺き替え相談があり、屋根の調査を行ったら棟が取れてしまっていた」など起こっている事象や原因、そして対策などをつたえようと心掛けています。 僕が26年前に入社した塗装会社で、受け持った地域がつくば市でした。TXも構想だけでまだ走っていなかったので住宅数もさほどなかったです。つくば市東、谷田部のみずほ団地、松代などで仕事をいただいておりました。訪問営業の難しさを日々感じながら苦労していました。住宅の痛みを伝えること、今やるメリット、放置してしまうことによるデメリットを伝えることに専念していました。塗料についてはオリジナル塗料を使っていました。抗菌剤入り塗料を特許取得していたので差別化した営業はできていました。 つくば市研究学園都市からTX線沿いに新たな住宅が次々に建設されています。特にみどりの駅近郊は住宅地が整備されつつあり、相談案件も研究都市廻りの次におおくなってきました。僕が26ねん前に回っていた瑞穂団地のまわりも新たに陣場という地名を含め新しい住宅が建ち始めました。 新しい団地の戸建住宅の多くの外壁は窯業系サイディング、意匠性の高いサイディングが8割以上を占めています。窯業系サイディングの塗装は8~10年前後で行うことをお勧めしています。これは高意匠性サイディングの柄が活きているうちに「クリヤー塗装」をかけてあげたいがためです。単色の塗りつぶしとなってしまうとせっかくの意匠性が消えてしまうからです。心配な事があれば電話でも結構ですのでお問合せ下さい。 上記画像のような多彩調仕上の塗装もできますが、費用が3割前後高くなることが多いです。(工程数が増える為) 屋根についてはスレート系屋根が3~4割、塗装不要の洋瓦が4割前後、アスファルトシングルが1割~2割前後となっております。アスファルトシングルについては長期的な耐久性を望むのは難しいことや塗装でも水性塗料に限られてしまうのでよく聞いて確認して行わないといけません。業者によって無知識で適当なことを言ってきますので。 上記画像はアスファルトシングル 下記画像は塗装不要タイプの瓦   屋根の下塗り画像:下塗りの塗料は透明タイプもありますが遮熱効果を高めるような場合は白の下塗り材をつかうことが多いです。画像のようにしっかりと塗りこんでいかないと吸い込みが止められず仕上がりが悪くなってしまいます。ハウスメイク牛久の職人は丁寧に塗るので安心できます。(たまに薄くて透けてるような下塗りも他社で見かけます。おそらく安かろう悪かろうタイプの業者にひっかかってしまったのでしょう。)地域密着型で30年以上地盤を築き上げてきた弊社以上に仕事のできる業者はそうそうないと思っております。     お見積りの御依頼・屋根の点検・現場調査の御依頼  ハウスメイク牛久店お問合せはこちらから 工事の流れや完成画像など詳細は  施工事例はこちらから スタッフの雰囲気を是非ご覧ください。 スタッフ紹介はこちらから 工場・倉庫などの塗装工事についてはこちらから 様々なプランの概要  塗装プランはこちらから     2022年4月29日 更新
日誌外壁塗装のご相談

2022年スタート 本年も宜しくお願い致します。住宅の相談は外壁・屋根・その他 すべてお任せ下さい。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。2022年のスタートです。 本年も宜しくお願いいたします。1度読んでいただいたらまた読んでみようかなと思えるような情報を2022年はお届けしたいと思っています。塗装について、リフォームについての情報はもちろんのこと、茨城県のスポットやスイーツを含めた食レポなども加えていければと思います。 ハウスメイク牛久でございます。WEB担当猫好き 猫三郎でございます。昨年5月に子猫と親猫で来ていた子猫の小太郎も今では半分家猫になってきました。昨日の雪に小太郎も初めての出来事とあって目をくりくりさせていました。 今年は1月6日に初詣に出向きました。鹿島神宮に家内と出向き参拝してきました。家族の健康と安全をお願いしました。入口の右側手前にある「鎌倉わらびもち」に初めて入りました。わらび餅入りのドリンクがとても美味しかったです鎌倉オリジナルブレンド「珈琲ミルク」のホットです。わらびもちもとろけるような柔らかさで絶品でした。鹿島神宮では交通安全のお守りと心身健全お守り・足腰健康お守りを買いました。仕事カバンに付ける「幸運守り」というものを買いました。 鹿島神宮には初めてのお参りでした。なかなか雰囲気のあるいい神社でした。人出は少なく安全に行動できました。 お参りの帰りに鉾田方面へ。大好きな場所に立ち寄りました。「深作農園」です。今回はバームクーヘンの他、イチゴ、梅干し、トマト、メロンパン、焼き芋、プリンなどを買いました。 トマトはミディトマトというフルーツトマトです。口の中に丸ごと放り込んで食べれるサイズになっていて大好物になってしまいそうです。昨日ネットで2箱注文してしまいました。(1箱は小箱2つになっていてそう1.5㎏となっています。イチゴはキングベリーです。今回はワンパックのみで買いましたが、ネットで4箱入りを買ってしまいそうです。メロンパンは絶品!外側のカリカリ感と多すぎない程度のカスタード系のクリームが大変マッチしています。これもネットで6個入りを買ってしまいそうです。   冬休みを満喫しました。昨年12月に着工した我が家の庭、駐車場も完成しました。駐車場は大きな庭石の撤去からはじまり、掘り起こしてスペースを作る為、重機で掘削しました。ブロックを作り、塗装を行いフェンスも付けてもらいました。スリム型のポストも付けてもらいました。庭には人工芝とガーデンストーンを敷き詰め、ブロック塀を塗装して完成。1台しか止められなかった車のスペースがリフォームによって2台止められるようになって本当に満足しています。もちろんハウスメイク牛久で施工して頂きました。塗装と人工芝、ガーデンストーンは自分で行いました。駐車場増設・庭のごみ撤去・フェンス・スリムポスト・人口芝・ガーデンストーンまで含めて予算は約90万円。掘り起こし作業がなければもっと大幅に安くできたと思います。外壁塗装だけしかできない会社ではありません。もちろん外壁塗装・屋根塗装・屋根の葺き替えで県南で1,2を争う専門店ではあります。 左端に写っているのがスリム型ポストです。今回はLIXIL製のものをネットで安く仕入れました。それを外構の職人さんに組立・設置してもらいました。もともとは階段下に門扉やブロック塀や埋め込みポストなどがあったのですがすべて取り払いすっきとした景観を作りました。ブロックは化粧ブロックを使わずあえて塗装しました。暗くなっての帰宅時に明るさを出すためです。フェンスは安いものを使わず目隠し要素を含めたすっきりとした横型ラインのものを選びました。これもLIXIL製です。 外壁塗装は1昨年前に行いました。屋根塗装も同時に行いコストを抑えました。色使いにこだわり2色分けとしました。サッシ系の色合いがホワイトななで濃い目の色を採用。ラジカル制御形の水性塗料と屋根は2液弱溶剤形のラジカル制御形塗料をチョイスしました。 僕らの仕事はいろいろな選択肢がある中、最善、最適な内容を分かり易く提案していくことです。会社人間になりすぎてしまうと、安い商材を高く売る事だけに専念してしまいます。安かろう悪かろうでなく、高くて質が物足りないような内容になってしまってはお客様の利益を損なってしまいます。満足いただけるGOODな内容をしっかりと説明できる技量が必要という訳です。   今後の我が家のリフォーム計画はユニットバスの交換。階段周りが吹き抜けなので吹き抜けでなく天井を作り2階のスペースを改造する。2階トイレの交換。2階の2室をワンルームへ。5.2畳のスペースは階段吹き抜けからのワークスペースに改装する予定です。必要な商材は内装ドア(上吊りの2枚開き戸)、ウオシュレット一式、クロス、フローリング材、プラスターボード、コンパネ、ツーバイフォー用間柱材などです。現在トイレの機材が納品待ちで3~6か月を要しております。木材の価格高騰も影響が大きいです。来年の夏に2階のリフォームを計画しています。我が家がハウスメイク牛久のリフォームの参考例になるようにいたします。   新年に入っても御来店相談が途絶えることがありません。ハウスメイク牛久ここにあり、地域で一番古い実績の多い会社。牛久市・土浦市・つくば市・龍ヶ崎市での実績はNO1といっても良いでしょう。信頼と実績に勝るものはありません。WEBからの来店予約、お電話でお問合せ、この機会に御連絡してみては。お待ちしています。     2022年1月7日 更新
お知らせ日誌外壁塗装のご相談

屋根材の知識 その2 ColorBest KMEW ハウスメイク牛久

こんにちは、ハウスメイク牛久土浦店WEB担当のSAIZOです。 前回は屋根材のシングルベストの紹介記事を書きました。 今回はスレート瓦製造販売で国内シェアーNO.1のKMEWのカラーベストの紹介をします。 スレート瓦の中で通称コロニアルと呼ばれる瓦の歴史は、1961年に「コロニアル」という商品名で発売されたものです。当時ジョンマンビル社と旧・久保田鉄工(株)が技術提携を行い誕生したもの。当時新たな屋根材が誕生したとして「新生瓦」と呼ばれていました。現在の規格サイズは910mm×414mm 厚みは5.2mm 1枚の重さは3.4㎏ 3.3㎡(1坪)あたり20枚68㎏ 2.5寸勾配以上で施工可。主成分はセメント。 1996~2008年前後のコロニアルは無石綿になったばかりで強度に問題があることが多いのでリフォーム時にはよく確認しておきましょう。現在の製品はグレードにもよりますが、耐候性、遮熱性、デザイン性、強度も向上していますので安心して使えます。壁にも貼れます。(画像左側)   プレミアムグラッサ 表層のグラッサコートにより、発色の美しさを長期間キープします。色褪せの原因となる紫外線エネルギーを上回る力で分子と分子が強固に結合した無機系塗膜「グラッサコート」有機系の塗膜に比べて色変化が目立ちません。石目調テクスチャーにより、自然石の素材感を表現。そのリアルな素材感が色褪せしにくい「グラッサコート」の美しさとあいまって住まいのグレード感を際立てます。より自然な割石感を創出するケイミュー独自のカッティング手法「バイアスカット」こだわりをとことん追求しています。 グラッサ600・シャッフル(小割サイズサイズならではの躍動感が、シャッフルカラーで一段とアップ。 グランデグラッサ さまざまな色の無機砕石を無機化粧層に散りばめ、透明度の高いグラッサコートで表層を仕上げることにより、ナチュラルで美しいグラデーション感を演出しています。(サンドグラデーション)ナチュラルな木のテクスチャーを屋根材表面に再現。その木目調の質感は美しさだけでなく、温かみのある表情や、より洗練された印象を住まいにもたらしてくれます。焼き物の味わい深いグラデーションを、シンプルでフラットなシルエットに再現。その豊かな色彩が欧風の表情を創り出し、「グラッサコート」との相乗効果で住まいの個性をさらに輝かせます。釉薬を焼き付けて着色した無機採石を。一枚の屋根材への数種類同時に散りばめることで、屋根材表面にグラデーション感を演出します。       遮熱グラッサ  遮熱仕様のグラッサコートで熱源となる赤外線を効果的に反射。紫外線に強いグラッサコートに、赤外線を反射する特殊な顔料を配合することで太陽の熱を反射し、屋根材そのものの蓄積や居住空間への熱の伝達を抑えています。環境省による「環境技術実証事業」とは、すでに実用化された先進的環境技術を第三者機関が客観的に判断し、その普及を促進する事業です。コロニアル遮熱グラッサは発売した色の年次で、同業者の「ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)」において効果が実証され、環境省環境技術実証マークを取得しました。蓄熱を抑えて温度上昇を抑制。遮熱性能も長期間持続。   グランドネクスト(GRAND NEXT) 平型スレート屋根材 軽くて強い。軽い屋根の減震効果で、地震時の揺れを軽減します。住宅の耐震性を高めるために、軽量な屋根材を選ぶ。日本では今や常識となりつつある屋根の選び方です。グランネクストは、一般的な陶器平板瓦に比べて軽量設計の屋根材。強さが長持。グランネクストの強さは「ハイパー・ドライ製法」から生まれます。ハイパードライ製法とはオートクレープ養生など9つの工程からなるケイミュー独自の製法で、成形時に必要最小限の水しか供給しないのが特徴。これにより基材が緻密になる、基材の吸水率・含水率が極めて低く抑えられ、長期間にわたる優れた寸法安定性と強度が生み出されます。キレイが長持ち。グランネクストは、トップコートにグラッサコートを施した、色あせしにくい「無機三層構造」 グランネクスト Uroko Hishi Sand Simple(うろこ・ヒシ・サンド・シンプル) うろこ:優しいリズムを紡ぎだす、鱗のような半円形状。天然スレートやテラコッタを連想する、グラデーション塗装。屋根や壁に温かみのあるイメージを演出します。かわいさや伝統的デザインを生む、うろこ。 ヒシ:カラーベストと同じ確かな屋根性能を備えながら、今までの屋根材になかった斬新なデザイン性をそこにプラス。屋根材だけでなく外壁材としての使用にも適しているため、住まい全体のデザイン性と性能アップが図れます。定評ある屋根性能を継承しつつ、さらなるデザイン性を追求、ヒシ(Hishi)。 サンド:大粒のカラーサンドが今までにない手触り感と、塗装では実現できない自然な色合いを演出します。カラーサンド仕上げで独特の色感と表面の凹凸を演出。表層は砂目の質感に、カラーは表情豊かな色合いに。変化にとんだ色彩を生むカラーサンド仕上げ。 シンプル:シンプルさを追求したミニマルなデザインと低彩度のカラーバリエーションが日本の新しい景観を創出します。表層はグラッサコート、発色の美しさを長期間キープ。          外装工事において、決まり事など一切ありません。知っているか、知らないか、商品の魅力を表現できるか否か。屋根工事を新築時に検討する際に、屋根材の変更を申し出ることができるかどうかは消費者であるお客様がどれだけの情報を持っているかか大事です。ハウスメーカーの担当者でさえ、屋根の種類や特徴を勉強もせずに販売に携わっているかもしれません。 また屋根のリフォーム工事についても、施主様とどれだけ情報共有し、カウンセリングを繰り返す中で最善の商材で施工提案ができるかは営業の能力次第です。 既存の瓦の老朽化、10年持たせる提案、20年持てばいいというケース、できるだけ長く持たせたいというケースを判断し、コスト面からもアプローチし、有益なリフォーム工事をしていただけるよう弊社ではどこよりも詳細な情報をお届けできるよう努力しています。既存の瓦がコロニアルで葺き替えが必要という時に、屋根を撤去しないままかぶせてできるカバー工法を積極的に勧める会社が大半です。でも私は61歳ですがあと7~8年後に屋根の改修工事をするならば新たにコロニアルを葺き替える、又はアスファルトシングルに葺き替えるなど、コストを抑え最低限これで良しというものを選びます。                   2021年9月19日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報お知らせ豆知識外壁塗装のご相談

ハウスメイク牛久 外壁・屋根専門店 他県からの訪問者に注意

こんにちは、ハウスメイク牛久WEB担当の猫三郎です。 9月17日金曜日 牛久近辺は午後から雲行きが怪しいです。台風が接近している影響でしょうか。明日の夕方から日曜日の夜中にかけて関東に接近する見込みです。ここ数日塗装の相談案件が10件以上きています。コロナウィルスの感染人数も目減りした影響と、気候的に涼しくなってきたことが重なり爆発的に需要が増えそうです。 そんな最中、今日他県から来て弊社エリアを荒らしまくる悪い業者が現れました。実名で会社名を上げてもいいくらい悪質です。弊社で3年前に外壁・屋根を塗装して頂いた顧客様宅に訪問し、屋根がおかしくなっているので直してあげましょうか?と言ってきたそうです。皆様下記写真は、相即私がお客様からの連絡を受けドローンで撮影したものです。道路下からこの屋根の異常に気付くはずもありません。現実どこも異常はなかったです。 千葉県中央区と市原市に事務所がある会社です。別名私が付けた呼び名・「その日暮らしの営業者達」。屋根に上がらせてはいけません。まして地元業者でもなく、よほど近隣で仕事ができないのでしょう。わざわざ遠方からきて詐欺まがいのやり口で営業しようとしているのですから。屋根の目視指摘は大半が口実です。東京・埼玉・千葉に多いですから他県からの訪問者はきっぱりと断りましょう。下手をしたら屋根に上って瓦をずらしたり、割ったりした写真を無理に撮影し即決をせまってきます。このような苦情は山ほど出ています。 上記載の消費者センター記載の数は実際の半数以下と想定されます。実際に届けを出さない方の数と合わせて考えれば年間15000軒以上と想定されます。同じ訪問販売でも地元で根づいて仕事をしているなら別です。「阿見町の塗装店の〇〇と申しますが、今日はこういうことでお声掛けしています」と会社名、名前、訪問の理由をしっかりと言わない業者はアウトです。 消費者センター最近の事例 訪問販売によるリフォーム工事 ・自宅の外壁塗装をお願いしたいと思い事業者紹介サイトに登録したところ、事業者から電話があり、自宅を訪ねてきた。見積もりを提示され、他社と比較したいからと伝えたが応じてもらえず、仕方なく契約してしまった。 解説:問題点は事業者紹介サイトに登録ということが一点。時代背景から考えて登録するシステムに疑問を感じないとダメです。塗り替えの紹介サイトでいい業者を探すことは難しいです。お客様にとってメリットがあるような書き込みがされていますが、サイト運営会社と登録施工業者間で紹介料が発生するため業者が高く積算してその紹介料を補うため、お客様にはデメリットとなることが大半。   ・「屋根の瓦がずれていて心配だ。工事をしないと大変なことになる」と来訪した業者に言われて契約をしたが、解約したい。 解説:問題点は訪問販売営業者を屋根に上げないことが得策。仕事が欲しいからわざわざ訪問して屋根に上がりたがる。   ・訪問してきた業者に塗装工事を勧められた。「契約の効力はないからとりあえず署名、捺印するように」としつこく言われ、断り切れずに応じてしまったが、工事をしたくない。 解説:問題点は契約書で効力のないものはありません。しつこいときはその場で110番する有機が必要です。家の中に絶対に入れない、話は聞かないことです。   点検商法 ・「近くで工事をしている」と言って作業員が訪ねてきた。翌日、別の作業員も連れてきて「点検します」と言い、屋根に上った。瓦が割れた写真を見せられ、「このままではもっとひどい状態になる」と言われて、屋根工事の契約をしてしまった。 解説:「近くで工事をしている」は営業トーク。同じ挨拶でも「近くの〇〇様のお宅で外壁塗装をしています。お近くの方で検討していただける方を探しているんですけれど」とストレートに言える営業さんはまだ見どころがあります。とにかく工事したいという意思がないうちに他人を家に上げてはいけません。   ・高齢の母の家に、以前工事した屋根の葺き替え工事の点検として業者が訪問し、高額な外壁塗装工事を勧められ工事の契約をしてしまった。クーリングオフしたい。 ・排水管洗浄をしてもらったが、作業終了後に業者から「排水管が古く、今回の高圧洗浄で水漏れが起きる危険性がある。床下点検をしたい」と言われた。応じなければならないか。 解説:とにかく雑排水を安くと言われたら警戒しシャットアウトして下さい。巧みな会社は事前に告知のビラまきをしたりしています。地元優良業者に頼みましょう。   火災保険適応商法 「保険金を使って自己負担なく修理ができる」の勧誘で契約はしないように。特に台風シーズン注意 ・2011年には111件が2019年には2684件に激増しています。 契約時に高額な違約金に関する説明がなかった ・台風の影響で雨漏りしていたところに、事業者から「火災保険の保険金で修繕ができる」と電話があり、訪問を受けた。事業者が屋根の損傷個所を撮影し、約400万円の工事見積を出した。保険申請は事業者がすべて行ったが、「自分たちの存在は保険会社に伝えないでほしい」と言われ、少し不審に思った。その後、保険会社の鑑定人がが家を診て、見積金額全額は出ないと言われた。契約時に違約金の説明はなかったが、書類をみたら工事しない場合は違約金として保険金の5割を支払うと書いてあり、悪徳商法にひっかかったと思った。契約をやめたい。 解説:火災保険で修繕が無料とい内容での電話や、訪問はすべて断りましょう。それほどムシのいい話はありません。「火災保険で工事、お金の負担や心配はない」という営業トークなしでは成り立たない会社なのだと理解して下さい。火災保険で賄える金額はどのくらいなのかは、写真、業者見積り、火災保険提出申請用紙を同封し、送ってから2週間から1か月程度の期間を経て連絡がきます。それまで不安であれば業者との契約は控えましょう。戻ってくればラッキー位の感覚で、予算は保険適応なくても取れるのであれば別です。     ハウスメイク牛久では牛久市・つくば市・土浦市・龍ヶ崎市・阿見町を中心にして、悪質な業者からお客様を守るために店舗を構え正々堂々と商売をしております。外壁・屋根塗装専門店として塗装工事には絶対の自信をもっております。細かな住宅のお悩みもすべてお答えをだせます。工事も迅速に手配できます。ハウスドクターとして御指名頂いても十分な工事・サービスを提供できます。スタッフはすべて経験豊かで人間味あふれるメンバーです。             2021年9月17日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報お知らせ豆知識外壁塗装のご相談

外壁塗装の い・ろ・は 外壁・屋根塗装専門店のハウスメイク牛久

こんにちは、ハウスメイク牛久 WEB担当のSAIZOです。 しばらくリフォームサイトなどにかかり切りでBLOG  が書けませんでした。 まだまだ暑い日が続いておりますが、秋の気配を少しづつ感じられるようになってきました。 お盆があけて塗装相談を含めた問い合わせが急増しています。ありがたい悲鳴です。 今のところ台風の関東上陸などということもなく9月に入りそうです。しかし例年の傾向では9月初旬~10月下旬までは気が抜けません。昨年は関東平野部はあまり台風の影響を請けませんでした。2019年、2018年は関東平野も膨大な被害がでました。 そのときに、修理依頼の問合せが殺到してしまいどこの業者も対応しきれなかったようです。   さて本日のお題は・・・塗装工事のい・ろ・は でございます。 「い」からスタート。 塗装工事を満足できる結果に導く最初の課題は・・・・・業者選びです。1社できめることは至難の業。初めての塗装であればなおさらの事。2回目であれば前回業者が納得できる内容であったならば他を聞いてみる必要はないですから。前回の工事について不満な点はどういうところでしょうか。「価格が高すぎた?」「職人があまり良くなかった」「アフターフォローなどがない状態」「塗装後の結果がよくなかった。変色、色引け、亀裂、カビなど5年で症状がでてしまった」などの要因が同じところに頼みたくないという理由でしょうか。 1.建設業の許可証のある業者ですか? ・塗装工事以外の修繕、その他リフォーム相談などをする場合にはやはり安心できる業者がいいです。にわか知識で工事などされたら大変なことになります。建設業の許可証は信頼の証であり、責任を持った施工ができるという証であります。「塗装は塗装店に頼むものだ」などという観念は捨ててください。嫌というほど相談者から失敗例を聞いてきています。高いお金を支払っての工事ですから慎重に選びましょう。 ・建設業の許可を得るためには、次の5つの資格要件を満たしている必要があります。 ①経営業務の管理責任者がいること。会社の経営業務に従事する管理責任者を、経営幹部としておいている必要があります。経営幹部というのは、個人事業の場合には事業主本人、法人企業の場合には取締役となっている人です。ここでいう管理責任者については、法律上詳細な条件があります。 ・許可を受けたい建設業について、5年以上の経営者としての実務経験がある人 ・許可を受けたい建設業以外の建設業について、7年以上の経営者としての実務経験があること。 ・許可を受けたい建設業について、経営業務に準ずる地位にある人で、5年以上経営者としての実務経験がある人。 ・許可を受けたい建設業について、経営業務に準ずる地位にある人で、7年以上経営者を補佐した経験がある人。 ②専任技術者がいること。建設業の許可を受けるためには、専任技術者を雇用している必要があります。専任技術者は、一定の資格を有しているか、実務経験を有していなくてはなりません。資格については許可を受けたい建設業によって異なり、実務経験については10年以上の経験または、指定された種類の学校を卒業してから3~5年従事した経験が必要です。 ③財産的基礎が安定していること。建設業許可申請にあたっては、ある程度安定的に事業を経営していると役所側に判断してもらう必要があります。具体的には、直前の事業年度における決算書で、貸借対照表の純資産の部合計額が500万円以上の金額が記載された残高証明書を取得できることが必要です。 ④誠実に契約を履行すること。建設業の許可を受ける人が、脅迫や横領といった法律に反する行為をする恐れがある場合には許可申請を受けることができません。 ⑤欠格要件に該当しないこと。欠格要件とは、例えば青年被後見人などに該当する場合や、過去に許可を取り消された経歴がある場合をいいます。また、禁固以上の刑に処された経歴のある人や、5年以内に許可を取り消されるのを避ける為に廃業した人は欠格要件に該当します。 建設業許可は定期的に更新も必要。定期的に更新作業が必要です。 ここまで書くのは「建設業の許可票」を得るためには、健全な会社であり、問題がない経営を継続していることが前提なのです。信頼できる会社のひとつの証なのです。 2.Googleの評価や口コミはみましたか? ・会社として運営しているリフォーム店であれば、塗装業でも例外はなくGoogleマイビジネスに登録しグーグルマップでヒットするようにしています。そしてお客様の評価、声としてGoogleの口コミが載っています。間々インチキ臭い投稿が多い会社もあります。★の数が5ということはまずないです。(10件未満の投稿数であれば別ですが) ・通販で買い物をするときに、商品を扱っている会社の口コミや商品のレビューなどを確認するのと同様です。リフォーム業者も「口コミ・評価」にもっとも力を入れてきています。初めてのお付き合いとなるために信頼がおける会社かどうかの判断の基準を「口コミ・評価」に求めています。   3.訪問販売業者以外の業者でえらびましたか? ・訪問販売業者はけして悪いことばかりではないのですが、8割方アフターは期待できないです。(呼ばない限りけして訪問してこない)担当者が長く在籍することもほとんどありません。入れ替わりが激しく長い人でも7~8年というところです。自分の現場を大事にするという風潮がありません。年末にご挨拶回りでカレンダーを配るなどということもありません。その日暮らし、その月暮らしで売上を上げること以外は眼中にありません。取りっぱなしといわれるのもそのような理由からでしょうか。   塗装工事を成功に導く秘訣 い・ろ・は の「ろ」 塗装工事を満足できる結果に導くための課題の2番目は・・・・「工事金額」です。工事金額は各社違っていても不思議でもなんでもないです。それは職人に払う単価も違えば、塗料の仕入れも選択もちがっていますし、すべて同じ条件で競っていないので施主様が判断基準を持たなければなりません。提出された積算金額が工事内容に見合ったものなのかを見極めなければいけません。その一つの基準を紹介しておきます。あくまでも判断するうえでの物差しにすぎませんけれど・・・・・ ・施主様にとって工事金額はもっとも気になることと思います。工事費の内訳の一つ一つが適正であるかどうかの判断をして頂きたいと思います。 ・人件費は一人が一日工事する日当として「人工」(にんく)という呼び方をしますが、工事が一体どれくらいの人工で完了まで導かれるのでしょうか。 ・仮設足場は6人工(組立・解体、大きさによってはプラスアルファ有)プラス運搬費用でおおよそ2万円×6人=12万円。プラス運搬費で4万円。(前日の積み込み準備の費用も含む)合計16万円 ・養生2人工プラス資材費≒5万円 ・洗浄工事費 1.5人工≒3万円 ・塗料材料費 超耐久外壁塗料約150㎡分 ≒30万円前後(部分塗装は塗布箇所の分量で差がありますが5~7万円) ・塗料材料費 高機能外壁塗料約150㎡分 ≒20万円前後(部分塗装は塗布箇所の分量で差がありますが5~7万円) ・塗料材料費 一般的外壁塗料約150㎡分 ≒10万円前後(部分塗装は塗布箇所の分量で差がありますが5~7万円) ・塗り手間代 20人工前後(部分塗装の分量によります)20×2万円=40万円 超耐久塗料で約 16+5+3+30+(5~7)+40=約94万円~可能という結果。 高機能塗料(中級レベル・12~15年耐久)で同じ計算すれば 約84万円~可能という結果。 一般塗料(耐久年数10年前後)で同じ計算すれば 約74万円~可能ということです。 ・あくまでも修繕無しで大きさも35坪位(塗布面積150㎡前後目安)で工事費を考えた場合です。70万円~100万円前後までの範囲が妥当性を見出せる工事価格と思われます。 ここで、あってはならぬ今までにお客様に聞いたり、見せてもらったりの中での「ビックリ工事価格」(皆様絶対に騙されないよう注意して下さいね) ・延べ床45坪2階建て某ハウスメーカーの足場費用 38万円! ・関西本社の訪問販売系業者 延床28坪2階建て 外壁塗装工事費220万円! ・訪問販売会社(近隣に支店が3つ以上あるから注意)外壁塗装工事180万円! 高いといったら今日なら値引きします!マイナス50万円! 基本値引金額が総額の15%を超えるのは最初から金額を上乗せしているだけです。足場無料も同じです。   塗装工事を成功に導く秘訣 い・ろ・は の「は」 塗装工事を満足できる結果に導くための課題の3番目は・・・・「使用する塗料の選択」です。職人の技術レベルがほぼ同じと仮定した場合に、先々の結果を左右する一番の要因が「使用する塗料の差」なのです。日進月歩、戸建住宅に使用する塗料は進化をしています。1980年位までは塗料はほとんど知られておらず、塗り替えをする施主さんは地主のお金持ちが色を変えたいからということでたまに見受ける程度でした。1990年代になると環境を意識した「水性塗料」が数多く出回りました。同時に住宅も手入れをしながら長く維持しようという風潮もあいまって、訪問販売の塗装会社が勢いをつけ塗装という概念が確立されました。「オリジナル塗料」と称して塗料が開発され、「耐久性の長い、汚れない」と称した抗菌剤入り塗料などがヒットしCMなどで広告を促す会社もありました。2000年代に入ると溶剤系シリコンセラミックが主流になりました。しかし長くは続かず2010年には2液性の無機と有機のハイブリッド塗料や無機フッ素などが機能、性能でトップになりました。2015年ころからは手頃な価格で長寿命が見込める「ラジカル制御型塗料」が出回り人気となりました。現在は「多重ラジカル制御形・有機と無機のハイブリッド塗料」を弊社では推奨しています。(期待耐久年数20年超)1工程プラウオンの4工程(オーバーコート/インテグラルコート)を施した場合メーカー保証も12年+5年の17年の保証がつきます。(弊社取り扱い店舗の為、他社では同じではない) い・ろ・は の「は」に追記したいのは、塗料プラスアルファとして、現場が進捗しているか見極められる現場管理能力を持っている会社と担当者に任せないと意味がないことです。塗料の発注の分量を正確に見極め、職人に指示だしを行い完工に導く力が必要なのです。ハウスメイク牛久の評価が高いのは個々の管理能力の高さです。 塗装工事でお悩みの際は弊社までどうぞ。心からお待ち申し上げます。         2021年9月1日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報日誌豆知識外壁塗装のご相談

屋根のリフォーム工事 提案力は口コミ県南NO.2 ハウスメイク牛久

「夏が来たー 梅雨明けでーす」 こんにちは、外壁・屋根塗装専門店 ハウスメイク牛久 土浦店WEB管理のSAIZOです。 本格的なSUMMER ”夏が来たー” 本日は7月16日、牛久市は30℃超えの灼熱! 台風シーズンも近いです。皆様住宅のメンテナンスや点検は済んでますか? 普段なかなか見れない屋根は現在どんな状況ですか。瓦はずれたり、割れたりしてませんか? 防水がきいていますか? 棟の押さえは緩んでませんか? リフォームの時期にきてませんか。信用できる業者で一度見てもらっては? 不安な要素を残さず、安心して生活するためにはメンテナンスが必要です。 屋根のメンテナンスで一番コスト的に安く済む工事は塗装工事です。しかし塗装できない瓦もありますので注意が必要です。セメント瓦、スレート瓦・瓦棒(金属製の瓦)は塗装ができますが、陶器瓦などは塗装はしません。ここ数年地震などの影響で瓦のズレによる隙間からの雨漏りなどがよく見受けれれます。重たい瓦を懸念して瓦を葺き替える(軽量のガルバニウム鋼板製)施主様も増えています。この工事はやはり手間もかかり、高額な工事になります。   屋根タイプ1 もっとも需要が多いスレートタイプ(カラーベスト・コロニアル) 形状は各社・各屋根材で違ってはいますが、軽量で施工性の良い瓦です。平型化粧スレートでセメント・ケイ石を原料として繊維質で補強し成型されているものです。厚みは5mm前後のものが多く重なり部分が約18~20センチほどあり、一枚の大きさは90cm前後×40cm前後のサイズが大半です。10年前後の周期でメンテナンスすることをお勧めしています。塗り替えの場合に注意してほしい点があります。以下の通りです。 ① 瓦の重なり部分(段差の隙間)を塗料で塗りつぶして塞がないこと。(タスペーサーという部材を使って下さい)塞いでしまうと雨漏りの原因になることがあります。 ② 屋根の棟の板金の状況を確認して下さい。(釘は浮いていないか、中の抜き板は腐食していないか、飛ばされる恐れはないか) ③ 瓦のひび割れはないか。(割れている部分の補修はコーキングでは不十分。タスマジックという強力な屋根補修用ボンドを使って下さい。) ④ 耐候性に優れた塗料で塗りましょう。(ラジカル制御形、2液弱溶剤系シリコングレード以上)   屋根タイプ2 近年LOW COST住宅などで多用されているアスファルトシングル アスファルトシングルは基本的に接着によって止めるタイプの屋根材です。100年以上前に北米で開発され、カナダや米国では一般的に普及している屋根材です。アスファルトを、ガラス繊維(グラスファイバー)の基材に含侵・コーキングし、砂粒で表面を着色して作るのが主流で、「シングル」とも呼ばれています。洗練された意匠性と優れた機能性があり、軽量で加工しやすい、という魅力があります。穴を開けないで施工なので雨漏りの危険性は低い。勾配の緩い屋根の施工は不向き。3.5寸勾配以上。やわらかいので反りあがりなどが起きる。カビや藻類も発生しやすい。塗装でのメンテナンスはあまりお勧めできない。カバー工法の葺き替えなどが良いと思います。   屋根タイプ3 セメント瓦系(セメント瓦・コンクリート瓦・モニエル瓦) 一番厄介なものがモニエル瓦(乾式コンクリート瓦)です。モニエル瓦はコンクリートを保護するスラリー層が表面にあり、塗装がのりにくいという特性があります。高圧洗浄でキレイにスラリー層を除去してから塗装をしないと塗膜剥離しやすくなってしまいます。下地塗りは専用の塗材を使い、しっかりとしみ込むように確認しながら行いましょう。コンクリート瓦もセメント瓦も主成分はセメントですが、コンクリート瓦はセメントに砂利を混ぜて固めたて成型しています。いずれも瓦の厚みがあるので、塗装は美観を戻すということが主なる目的となります。もちろん棟やケラバ付近の漆喰(白や黒などの泥粘土のようなもの)はメンテナンスを行い、雨水の侵入は塞がなければなりません。   屋根タイプ4(陶器瓦・三州瓦) 塗装というメンテナンスの選択肢はありません。漆喰、棟の改修工事などは状況によって必要ですが塗装はしなくてよいでしょう。先ほどのセメント系の瓦同様に、重量はありますので地震対策として軽量瓦に葺き替える選択をされるお客様もおります。   屋根タイプ5(金属瓦 ガルバニウム鋼板屋根・折半屋根) 新築から金属製の瓦を葺いている場合と、リフォームでガルバニウム鋼板の屋根にしているケースがあります。金属製なので、車で例えればワックスのように保護の役目、又は錆、腐食を抑えるメンテナンス工事として塗装が行われます。再塗装の場合は下地塗りも大事ですのでいい塗材で塗ってもらいましょう。仕上げ塗りの塗料は効果が出やすい「高日射反射率遮熱屋根塗料」が良いです。屋根の表面温度を低下させることで、省エネ効果も望めます。 ガルバニウム鋼板カバー工法を検討されている場合(重たい瓦を降ろして葺き替える、塗装では管理できない状況になっているため葺き替える)には、葺き替える鋼板のタイプも断熱効果の高いもの、断熱仕様になっていないものなど様々なので良く調べてみましょう。一番いけないのは業者まかせです。得意な商品(材料が安くて施工が簡単)をごり押ししてくる業者も多いので注意して下さい。 [embed]http://www.youtube.com/watch?v=gpRtu7qc560&t=3s[/embed] ハウスメイク牛久で推奨しているガルバリウム鋼板の屋根材は以下の通りです。 ・ニチハ製 横段ルーフシリーズ メーカー保証 赤錆・穴あき・変色・褐色  表面材にはサビに強く丈夫な「塗装高耐食GLメッキ鋼板」を使用。断熱材(芯材)に硬質ウレタンフォーム(断熱性能・遮音性能)を使用しています。裏面材にはアルミラミネート加工紙(輻射熱を反射し、屋内の快適な温度を保つ)を貼っています。耐震性能・防火性能・防水性能・施工性能に優れています。 ・アイジー工業製 スーパーガルテクトシリーズ メーカー保証 赤錆・穴あき・変色・褐色  「横段ルーフシリーズ」とほぼ同等な性能を発揮できます。 ・株式会社ルーフタイルグループジャパン デクラ屋根システム メーカー保証 美観・穴あき  デクラ屋根システムの特長としては、超軽量で取り扱い性に優れた環境にやさしい屋根材で、「30年の材料品質保証」「10年の美観保証」が付いていて安心です。1㎡あたり約7㎏と超軽量で、台風や地震などによる滑落の心配もありません。また、天然石を使用しているので色褪せの心配や、塗り替えの必要がないメンテナンスフリーで、長期的にとてもお得な屋根材です。   昨日、御契約いただいていて施工待ちのお客様から相談、報告がありました。 悪質訪問販売業者です。・・・修理とかいう業者 余分な販売行為など一切しません。という誓約書までお客様の前で記載しておきながら、980円で屋根の簡単な修理。 今の時代のあり得ない! 今回はアンテナ線を張りなおしします。 まだそこで帰ればまだしも、屋根に上がり、写真を撮り、屋根の劣化を指摘し「保険で直せます」「すぐに保険会社に電話してみて」その場で電話をかけさせる手口。 東京の業者です。このような類は「雑排水格安」「不用品改修」などという格安ふれこみが大半です。 皆さま、絶対に対応しないで下さい。悪質、詐欺まがいの業者は撲滅させたいのです。 宜しくお願いいたします。       2021年7月18日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報お知らせ日誌豆知識外壁塗装のご相談

ハウスメイク牛久 外壁・屋根塗装2021年8月施工大募集中!

ハウスメイク牛久  土浦店WEB担当のSAIZOです。 2021年も6月、7月施工もほぼ埋め尽くされ、7月梅雨明け施工、8月の盆明け施工を大募集しています。 塗装の目的は防水効果を高めることです。素材を保護し美観を整えるということです。 仮に塗装を行わないで放っておいたとしても、住宅がすぐに壊れたりするわけではありません。 しかし長期に渡りいい状態を保っておくことが大切なのです。 湿気の多い住宅は健康にも影響を及ぼします。目に見えない壁の中に、カビが大量に発生してしまっていたらどうでしょう。 外壁の素材の大半がセメントを中心に構成され、素材自体に防水性はありません。 車のワックス効果的な保護の役目が外壁・屋根塗装なので、外壁・屋根・木部や鉄部が水を吸わないようにする工事です。 耐久性が長く見込める塗料を選択できるかによってランニングコストがかかりすぎて金銭的に逼迫してしまいます。   ハウスメイク牛久では「他社で工事しても全然かまいません。気に入らなければすぐ断っていただきたい、一度弊社の内容をお届けしたい」というスタイルですので相見積もり大歓迎なのです。また内容についての自信の表れということでしょうか。   現場紹介 龍ヶ崎市 外壁金属サイディング工事&屋根塗装工事 ・窯業系サイディングボードはコーキングの隙間、亀裂、防水切れを長期間放置しておくと思わぬ痛みにつながってしまいます。上記現場写真では塗装というメンテナンスの選択肢が取れませんでした。金属サイディングでカバーすることになりました。塗装の2.5倍ほどのコストとなってしまいます。金属製(ガルバニウム鋼板)のサイディングボードの場合、その分耐久性、その後のメンテナンス周期などにおいては塗装の2倍は長持ちします。 ・先月の月末の相談案件でも窯業系サイディングのコーキング劣化の内容でした。高所における作業は仮設足場が必要です。よってコーキングの打替えと外壁塗装・屋根塗装の提案となりました。雨樋の修理も必要でしたので結果的にトータルで仕事をいただけました。   牛久市内 ハウスメーカALCボードの塗装&屋根塗装・コーキング工事 今回の工事の一番のポイントはコーキングの修繕です。外壁のALCパネルはかなりしっかりしたものなので、耐候性が高く防藻効果の強い材料であればということでした。今回は多彩調という意匠性を高める塗料を使って工事しました。4工程の提案で、3工程仕上げ後にインテグラルコート(プレマテックス社の塗材)という保護塗膜をかけたので耐久性は5年以上伸びます。 屋根については高日射反射率の屋根用遮熱塗料(プラス多重ラジカル制御形なので紫外線に対する防御もバッチリ)を使って行いました。それと近くにある弊社の迅速な対応が何より気に入っていただけました。塗装専門店としての信用を勝ち得た結果、近隣様からの指名率はピカイチの会社です。 ・ハウスメーカーに依存せず弊社に相談に来られる理由は ・ハウスメーカーとの関係性が悪い。(以前に修理やメンテナンスの依頼をして対応が悪かったなど) ・ハウスメーカーで見積書をお願いしたがあまりにも高くびっくりしてしまった。(仮設足場が30万、コーキングが50万などよく聞く話) ・ハウスメーカーの担当者が塗装工事について知識が足りないため、十分な説明がされず心配になった。 上記記載の3つの仮説要因は、たくさんのお客様から聞いた実話です。住宅を建てる上での手続きや建築知識には長けているが、塗装についての勉強はしていないことが大半で、塗料種別さえ質問しても答えられないことが多いです。   現場紹介 BEFORE AFTER   龍ヶ崎市 外壁・屋根塗装 ・外壁はモルタル素材で屋根はカラーベストでした。おしゃれな洋館風に仕上がり大変満足していただけました。 ・外壁塗料:プレマテックス社 グラステージFLEX COLOR(2液弱溶剤多重ラジカル制御形無機塗料) ・屋根塗料:プレマテックス社 グラステージECO ROOF(2液弱溶剤高日射反射率屋根用遮熱塗料+ラジカル制御形)   現場紹介 BEFORE AFTER 外壁塗装 龍ヶ崎市   ・ハウスメイク牛久では7月後半、8月施工を募集しています。できる限りのサービスをいたしておりますのでこの機会にお問合せ下さいませ。 お問合せ  つくば市・つくばみらい市・土浦市・石岡市・阿見町ので外壁塗装・屋根塗装・屋根の葺き替えなどをご検討中の方は是非、お問合せ下さい。 HOUSE MAKE USHIKU お問い合わせフォームへ     2021年7月8日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報外壁塗装のご相談

工場・倉庫の塗装 茨城県・千葉東葛地区相談受付中!

茨城県牛久に本社を構えますハウスメイク牛久と申します。 私は茨城県牛久市のハウスメイク牛久で営業兼務WEB担当をしています斉藤と申します。 60%WEBの記事を書く事が仕事で、残りは戸建住宅のドローン屋根点検、残りは工場・倉庫の外壁・屋根塗装の現場調査などを担っています。 ドローンを操縦専任者でもありますので工場・倉庫などの高所の現場調査時に撮影させていただいております。   工場・倉庫の外壁塗装・屋根塗装について 戸建住宅に比べ利益が出やすいということもあって、多くの業者が企業様にたいしてアプローチをかけています。東京・埼玉・遠くは神奈川から茨城県南の工業団地に来ているとも聞きます。 しかし、弊社で企業様の担当者にアポイントを取り、お話を聞いてみると、あまりにもアバウトな工事費で提案をされているようです。 提示されている工事費に差がありすぎます。企業様・戸建の施主様に寄り添う形で、密着営業をしている私どもは愕然としてしまいます。 弊社で考える工場や倉庫の塗装工事は、会社の生き残りをかけた利益争奪戦ではなく、ハウスメイク牛久としての企業イメージアップ、宣伝となる成果を狙っての提案なのです。 また現場でご縁を持っていただいた企業様において、働く社員さんの住宅リフォームのお手伝い(安く質よく)までできるよう働きかけています。 弊社は、リフォーム業界の平均利益率35%の利益額はいただいておりません。圧倒的に安く感じてもらえればと利益を抑えております。(2021年~10年間) 比較していただくことをお勧めします。内容についても絶対的な自信を持っております。 折半屋根(金属製の屋根材)の塗装は断熱・遮熱の提案を競っているようです。「うちの会社ではとくべつな塗料の・・・」と続くような話をする業者ははっきり言って「ナンセンス」です。「セラミック中空バルーン・・・」これもまたしかり。(どこもアクリル樹脂の水性) 何故か材料費がかさみすぎる割に効果が読めないのが断熱系塗料です。遮熱系の上質な塗料での工事が100という数字で例えるとすれば、断熱系塗料での工事は150~200。倍近くの価格の割に耐久性(紫外線に対する抵抗力を示す耐候性能)が悪いです。 しかし弊社では遮熱塗装による効果と耐久性、減価償却率などを考慮したものを積算しています。   ECO ROOF 2液弱溶剤多重ラジカル制御形高日射反射率屋根用無機塗料 GOOD! ・従来の遮熱塗料の概念を変える。耐候性を維持し早期退色不安を軽減した「ECO ROOF」遮熱塗料の課題であった変色・退色のリスクを設計段階から見直し・改善。耐候性と遮熱性の両立を実現しました。 ・遮熱塗料は通常、太陽光(近赤外線)を大きく吸収するカーボンブラックを使わないことで遮熱性能を向上させていますが、退色に強く耐候性に優れたカーボンブラックを使わないことは、一般塗料以上に退色・変色のリスクが生じる要因となっていました。ECO ROOFは特殊黒顔料等に依存せず、耐候性に優れた顔料同士の退色速度を揃えることで早期退色不安を軽減しました。 ・太陽光は波長によって紫外線、可視光線、赤外線という3つの領域に分けられます。紫外線は塗膜の劣化に大きな要因、可視光線は人が色として認識できる光の領域、そして赤外線は熱線とも呼ばれ、物質に吸収されると熱へと変化します。その温度上昇の原因となる近赤外領域(780~2500んnm)の赤外線を反射するほど遮熱性能が高くなります。ECOルーフは一般カーボン系塗料に比べ高い反射率を実現しています。   1875   他社との比較例(塗装単価の違いで大きな金額差が生じます!) ・戸建住宅の塗装とは違い物件の大きさ(塗布面積)がけた外れに違うため、単価@100円の違いでも積算額に影響を及ぼします。工場や倉庫の折半屋根においては平面の面積の1.5~1.6倍の塗布面積になります。(凹凸なので面積が伸びます)50m×25mが平面の屋根面積であれば1250㎡です。1250㎡に1.5倍をかけると1875㎡となります。3工程の@がそれぞれ100円違うと@単価の3工程分で300円。300円×1875㎡となれば=562500円の差がでます。前回相見積もりとなった企業様において、実際に聞いた話では3工程で500円以上の開きがあったとききました。おそらくちょっとした差のようでも100万円単位の経費節減となるでしょう。   弊社の工場専用ページはこちら 2021年6月22日 更新
外壁・屋根塗装のご案内お知らせ豆知識外壁塗装のご相談