塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログ

外壁塗装のご相談の記事一覧

断熱塗料・工場、倉庫の屋根の塗装工事

こんにちは、ハウスメイク牛久 WEB担当猫三郎です。 日進月歩、塗装業界も次から次へと新しい商材が世に出ています。 塗料にも機能があります。注目されているのは遮熱効果のあるものと断熱機能のあるものです。 断熱塗料は遮断熱塗料と呼ばれます。 屋根塗装においては、この機能が働くことが大きな経済的効果を生みます。 面積が大きければなおさらです。 工場や倉庫などは面積も広く、金属製屋根であることが多いです。 折半屋根という屋根でできていることが多いです。 古い建物の折半屋根は「重ねタイプ」での施工方式が多いです。 このタイプはボルトが突き出ているので、ボルトの錆が広がり屋根を赤くしてしまうことがあります。 最近は「はぜ締め」での施工が多くなってきました。左から、重ねタイプ、はぜ締めタイプ、篏合タイプとなっています。 塗装の周期はおおよそ10年~15年というところです。 少しでも長く持たせられる塗装をしたいですね。 そして長寿命で、「省エネによる経済的効果」の見込める塗装になれば、償却年数も短くなりコスト削減に役立ちます。 ハウスメイク牛久ではそんな内容を盛り込み積算できます。   お問合せはこちら HOUSE MAKE USHIKU お問い合わせフォームへ     今日のお題・「遮熱塗料」から 1.遮熱効果    金属屋根の実証実験データーから抜粋(水谷ペイント・日本ペイント・プレマテックス)  Q. 遮熱塗料の効果はいつも一定ですか?  A. 例えば遮熱塗料で屋根を塗り替えても、屋根や室内の温度は常に一定に下がるわけではありません。室内の温度を上昇させるのは、主に屋根から伝わる太陽熱。断熱材のない構造の建物(工場や倉庫など)では、遮熱塗料が室内環境の改善に有効だと言えます。屋根の表面温度は確実に低下(反射するので)します。金属製の屋根であれば18~20℃前後差が生じます。  Q. 色によって効果は違いますか?  A. 反射率の違いが生じるため、白に近いほど効果が高くなります。 2.遮熱塗料選び  ・遮熱塗料は2液弱溶剤タイプをお選びになると良いと思います。  ・シリコン樹脂グレード以上の素材がお勧めです。  ・超耐久性能(12~15年以上)の高日射反射屋根遮熱では以下の3種類の塗材が実力・評判が良いです。 ●プレマテックス:ケイセラチタンクール(2液弱溶剤形無機変性樹脂黒色チタン系遮熱塗料)  屋根用の遮熱塗料で一番重要なことは、熱エネルギーになりやすい太陽からの近赤外線領域波長(780~2500nm)の反射を高めることです。ケイセラチタンクールは、黒色チタン系遮熱顔料を使用することにより、近赤外線領域波長を効率的に反射することができます。  超耐候性:紫外線劣化に強いオルガノポリシロキサンを成分としているため超耐候性を実現。  超低汚染性:高レベルの親水性制限技術により外壁に付着した汚染物質を雨水が流し落とします。  速乾性:乾燥が早くスムーズに施工が行えることにより工事へのお客様負担が軽減。  高塗着性:特殊技術による高い塗着力と隠ぺい性で驚くほどの美しい仕上がりに。  防藻・防カビ性:美観や健康を損なう可能性のある藻やカビの発生をシャットアウト。  フレキシブル性:無機と有機のハイブリッド技術により超耐候性としなやかさを併せ持つ。 ●プレマテックス:グラステージ ECO  ROOF (2液弱溶剤多重ラジカル制御形高日射反射率屋根用無機塗料)  従来の遮熱塗料の概念を変える。耐候性を維持し早期退色不安を軽減した「ECO ROOF」。遮熱塗料の課題であった変色・退色のリスクを設計段階から見直し・改善。耐候性と遮熱性の両立を実現しました。室内の温度上昇の要因である太陽光(近赤外線)を反射し、蓄熱を抑制することで夏場でも室内温度の上昇を抑え、省エネ、節電に繋がります。さらに高耐候性、低汚染性により塗膜表面の劣化を防ぎ、遮熱性能を長期にわたり保持します。  遮熱塗料は通常、太陽光(近赤外線)を大きく吸収するカーボンブラックを使わないことで遮熱性能を向上させていますが、退色に強く耐候性に優れたカーボンブラックを使わないことは、一般塗料以上に退色・変色のリスクが生じる要因となっていました。ECO  ROOFは特殊黒顔料等に依存せず、耐候性に優れた顔料同士の退色速度を揃えることで早期退色不安を軽減しました。  サーモグラフィーによる屋根モデル表面温度分布(熱画像)  2枚の屋根モデル(鉄板)の左側にECO  ROOF、右側に一般屋根塗料を塗布し、サーモグラフィーで測定した結果です。一般屋根塗料と比較し表面温度で焼く20℃の差がでました。     ◎水谷ペイント:快適サーモFまたはSI (F=フッ素、SI=シリコン)  快適サーモシリーズ:水谷ペイントでは、業界の中でもいち早く遮熱塗料の開発に取り組み「快適サーモシリーズ」を発売しました。  快適サーモシリーズは、2002年の発売以来たくさんの住宅や工場、倉庫などの屋根に使用され、室内の温度上昇の抑制に貢献し、快適な生活環境を守ってきました。  これまで10年以上に渡り積み重ねてきた実績と機能向上から、自信を持って信頼のおける性能と品質をご提供します。  超耐候性・超耐久性・低汚染性・超耐変色性・防カビ・防藻性・JISK5675取得  プラント工法(工場屋根遮熱改修工法)業界初・3工程でトリプル機能  ・工場屋根の改修に最適な遮熱工法です。太陽光を効率よく反射させるとともに、樹脂分の多いエナメル塗料(トップコート)により、優れた耐候性、遮熱機能を発揮します。また断熱効果がある下塗りにより、さらにハイグレードな遮熱・断熱工法が完成しました。   ◎日本ペイント:サーモアイ4FまたはSI(F=フッ素、SI=シリコン)  ハイスペックな遮熱塗料、サーモアイ  塗膜トータルで反射性能向上:従来の遮熱塗料は、上塗りのみの場合と、中塗りと上塗りの場合が一般的でした。しかし、前者は反射性能を上塗りのみに頼ってしまうという問題が、後者は一工程増加することで、コストや工期に負荷をかけてしまうという問題点がありました。  下塗り(反射性能)+上塗り(赤外線透過テクノロジー+反射性能のPowerUp)=塗膜トータルで反射性能を向上  環境技術実証事業において効果を実証:環境技術実証事業とは、環境省の主導により、環境保全効果等が有用な技術の普及促進と、環境産業の活性化を目的として実施されている事業であり、第三者機関による客観的な評価によって、その効果が実証されます。サーモアイはこの実証事業において、効果を実証されています。   今日のお題・「遮断熱塗料」 1.遮熱塗料との違い  断熱塗料は熱を伝わりにくくする為の塗料で、遮熱塗料は熱を反射し、遮る為の塗料です。 2つの塗料の一番の違いは、冬の寒さも遮ってくれるか否かです。 断熱塗料はその効果がありますが、遮熱塗料は寒さを遮る効果はありません。 ... また、断熱塗料は外からの熱や冷気を遮るだけでなく、室内の温度を逃がしにくくする効果があります。 2.中空セラミックバルーン 微小中空セラミックバルーンとは 宇宙ロケットが大気圏突入の際に必要な断熱効果・遮断効果を発揮する製品として、NASAで研究開発されたビーズ状の微小中空セラミック原材です。 微小中空セラミックバルーンはミクロンサイズの中空セラミック反射球体で、ナトリウムホウ素シリカで構成され、効果的な断熱材および反射体として作用します。   お題の締め「折半屋根塗装を有効的な塗な工事に」 ・工場、倉庫などに使われる折半屋根のメンテナンスは、できるだけ少ないコストで行い、省エネ効果によって減価償却環年数を効率よくまわすという目的があります。ハウスメイク牛久では遮熱効果が高いもので耐久性も望める塗料で提案しています。   2021年4月21日 更新
お知らせ日誌豆知識外壁塗装のご相談

2021年春の塗装キャンペーン・工場、倉庫折半屋根塗装

ハウスメイク牛久 2021年4月~5月5日 まで 春の塗装キャンペーン開催! ・御成約特典として商品券をプレゼントいたします。(完了引き渡し後) ・ご契約金額50万円~100万円未満の場合  1万円分の商品券を差し上げます。 ・御契約金額100万円以上~150万円未満の場合 2万円分の商品券を差し上げます。 ・御契約金額150万円以上の場合       3万円分の商品券を差し上げます。   御相談・御来店予約・お見積りの御依頼は HOUSE MAKE USHIKU お問い合わせフォームへ     工場・倉庫などの屋根塗装(茨城県内所在地の工場・倉庫)について ・茨城県 常総市・坂東市・つくば市・つくばみらい市・かすみがうら市・行方市・阿見町・稲敷市・取手市・守谷市などの工業団地で工場、倉庫などの熱中症対策・省エネ対策の一環として外壁・屋根(折半屋根など)の塗装の御要望にお応えいたします。調査・見積もりは無料で行っています。(ドローン調査も行っています) ・工場・倉庫などの屋根は折半屋根が多くメリットとして、金属製なので、耐火性が高い。水捌けが良い、価格も安い、加工しやすく工期も短縮できる。デメリットとしては夏場は高温になりやすい。雨音が響くなど。ボルト止めしてある部分が錆などで雨漏りにつながることがある。 上記画像の折半屋根について ・折半屋根とは0.6mm~1.2mm厚の鋼板を大きな波型に成形している屋根材のことを指します。紙を折るとわかりますが、平面より折り曲げることで強度(剛力・耐力)を向上させますので、薄い鋼板でも高い強度で建物を守ることができるのです。 ・折半屋根の素材は多くがガルバリウム鋼板です。一般住宅での屋根リフォームでも多く使われている素材です。トタン屋根よりも錆びにくい上に非常に軽く、建物への負担を軽減させることができます。 ・地震にも強く揺れの軽減、倒壊防止、破損防止が期待できます。 ・施工の自由度が高く、施工工程も少なく済みます。工期短縮もでき、コストパフォーマンスも良いです。 ・固定方法としては、重ねタイプでの施工・はぜ締めタイプの施工・篏合タイプでの施工があります。 重ねタイプでの施工 大量にボルトで締めているので耐風性にはすぐれている。メンテナンスの上ではボルトの錆処理などが負担になると思います。 はぜ締めタイプでの施工 表面にボルトが存在しないので雨水の侵入の心配がありません。タイとフレームの上の金具を2枚の折半屋根で挟み、折り曲げ部分(はぜ)を締めて固定する方法です。 篏合タイプでの施工 折半屋根2枚を金具でタイとフレームに固定しボルトが出ないよう継ぎ目にキャップを取り付ける施工方法です。     折半屋根は定期的なメンテナンスが必要です ・メンテナンスは塗装が得策ではあるが、この機会に遮断熱塗装で塗装にかけた経費を光熱費節約で償却したほうがいいです。 ・遮熱塗料での塗装は冬場に省エネ効果は望めません。しかし、耐久性的には遮断熱塗料より長寿命が望めると思います。遮断熱塗料での塗装は冬場に効果が望めます。大半のものが水性塗料ですので超耐久は望めないと思います。夏場の屋根表面温度の低下部分においては双方同レベルと思います。 ・屋根の表面温度を20℃低下させたら室内の温度がかなり下がります。省エネ効果は絶大です。 ・すべての建物が同じ条件ではないので一概には数値化できません。既存屋根色によっても温度差は生じます。     日本ペイント ハイスペック屋根用高日射反射率(遮熱)塗料 サーモアイシリーズ サーモアイ4F・サーモアイSIの2種類の塗料を推奨しています。 ・優れた日射反射を達成。太陽エネルギーは、約50%が赤外線、約47%が可視光線、残りの約3%が紫外線からなっています。遮熱塗料が果たす役割は、このうち赤外線を効率よく反射させること。 ・環境負荷の低減に貢献。太陽光の赤外線を反射させることで、夏の暑い日でも屋根の温度上昇を抑え、快適な環境づくりに貢献します。エアコンの温度設定を緩和できるため、省エネや電気料金の節約につながります。また、太陽光の反射による温度上昇を抑制することで、環境負荷の低減に貢献します。     水谷ペイント 快適サーモシリーズ 快適サーモF 快適サーモSI 快適サーモF・快適サーモSI(2液タイプ)を推奨しています。 プラント工法(工場屋根遮熱改修工法)3工程でトリプル機能! ・工場屋根の改修に最適な遮熱工法です。太陽光を効率よく反射させるとともに、樹脂分の多いエナメル塗料(トップコート)により、優れた耐候性、遮熱機能を発揮します。また断熱効果がある下塗りにより、さらにハイグレードな遮熱・断熱工法が完成しました。 下塗り サーモベースプライマー(金属屋根塗布の場合37~51㎡)12㎏セット(硬化剤0.8㎏) 中塗り 快適サーモF (金属屋根塗布の場合89~100㎡) 上塗り 快適サーモF(金属屋根塗装の場合100~114㎡) 折半屋根平面面積20m×40m-800㎡ 折半実面積は1.4~1.7倍(折半の折り込み度合いで凹凸の高さが違うので・平均1.5倍として) 800㎡×1.5倍=1200㎡となります。 1200㎡÷40=30缶(塗布面積40㎡と過程して) 1200㎡÷50=24缶(塗布面積2工程で50㎡と過程して) これだけの塗料を屋根に塗りこんでいかなければなりません。洗浄作業・ケレン(さび落とし作業)・塗装3工程の手間が必要です。   新マテリアルワン キルコ(KRC)Hybrid塗料 遮断熱塗料 ハイブリッド遮断熱塗料「キ・ル・コ」とは 太陽光を反射する高レベルな遮熱性能と熱を伝えにくくする保温性能、バインダー剤由来の伸縮性、密着性、耐久性といった性能も兼ね備え、省エネ・節電対策や熱中症対策、室内環境改善が可能です。 5つの優れた性能~すべて優れているのは「キ・ル・コ」だけ~ 遮熱性(日射吸収性)JIS K 5603-塗膜の熱性能-熱流計測法による日射吸収率の求め方 屋根、外壁に塗布することにより、夏の太陽光を90%程度反射し、建物内部への熱の侵入を防ぎます。紫外線から建物を守り、長持ちさせます。 遮断熱性(保湿性)遮熱機能をより強力にします。従来の遮熱塗料とは効果に大きな差があります。この性能は冬季においては、保温効果に貢献します。 密着性 接着剤に匹敵する密着性を有しています。通常の塗料と比較して約3倍以上の付着力を発揮し続けます。塗膜の剥がれを抑制します。 伸縮性 200%以上伸びます。男性を持ち、衝撃・振動にも耐えることができ、塗膜のクラックが入らず、美観を保ちます。また付随機能として防水効果も期待できます。 耐久性 1回の塗布で15年以上の実仕様に耐え、長期にわたり大切な建物本体を守り続け、最終的にランニングコストの削減につながります。(促進耐候性試験4000時間クリア)   メカニズム 熱の遮断は中空ビーズによって行われます。「キ・ル・コ」は、特殊なバインダーを使用することによりこのアクリル中空ビーズを高密度に充填することに成功した塗料です。太陽光を反射することで表面温度を下げる遮熱性能、塗膜で熱を通しにくくする保温機能を有します。ダブルの性能で遮断熱機能を発揮し温度の抑制を実現します。   ハウスメイク牛久では一般戸建住宅からアパート・マンションの塗装、工場や倉庫の塗装にいたるまで地域に根差し営業活動を行っています。 つくば市・つくばみらい市・常総市・坂東市・守谷市・石岡市・土浦市・かすみがうら市、行方市、神栖市、阿見町、稲敷市、取手市、などの工場・倉庫の屋根塗装、外壁塗装のご提案をさせていただいております。宜しくお願いいたします。             2021年4月17日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報イベント情報外壁塗装のご相談

新・塗料予約施工開始!INTEGRALCOAT

施工予約開始!! 5月施工 土浦店5棟限定 牛久店3棟 お早めに!  驚異の従来塗膜保証プラス5年(10年が15年へ・12年が17年へ) 上塗り材を「護る」という新発想。 従来の常識を超えた、全く新しいこれからの住宅塗装工法 インテグラルコート(紫外線吸収層) UVAの入った無機塗膜が効果的に紫外線を遮断。 TiO2(酸化チタン)は配合していないため、ここでラジカルは発生しません。 ※ラジカルとは塗料の顔料に含まれる酸化チタン(白顔料)が紫外線や酸素、水などに接触することで発生する劣化因子のこと。 ※インテグラルコートを塗布する前の3工程の主材はGLASTAGE シリーズが一番人気で「5つのステージコントロール技術」でラジカルを抑制できる弱溶剤多重ラジカル制御形無機タイプの塗料ならば通常塗膜保証12年です。4工程目の施工でインテグラルコートを施工した場合はプラス5年で「塗膜保証17年」がプレマテックス社から発行できます。 お困りごとはございませんか。お見積り・御相談はこちら INTEGRALCOATについてのお問い合わせも HOUSE MAKE USHIKU お問い合わせフォームへ     こんにちは、ハウスメイク牛久 WEB担当:猫三郎です。 1年でもっとも過ごしやすい時期になりお客様の動向も激しくなってまいりました。 梅雨前に工事を完了したい。台風シーズン前に施工したい。 そんなこともあってか今年の相談案件は日々加速したように入ってきます。 そんな中には、雨樋補修や、雨漏り修理なども含まれています。 しかし雨漏りを止めるために高所作業であれば足場を組みますので、予算と計画を御家族様で事前に話し合いをしておいて下さい。 無駄なく一度に外装工事ができるようにする方が得策と思われます。   インテグラルコート補足 外壁塗装・屋根塗装においては手塗ローラー施工が一般的で、当社でもそのような仕様で工事しております。 塗布回数は下塗り(下塗り船用塗料)1回、中塗り(主になる塗料:指定色にて)1回、仕上げ塗り(主になる塗料:指定色)1回というやりかたです。 今回のインテグラルコートは、上記3工程塗布後にオーバーコートとして(保護的役割)2,3工程で塗布した色と同色のインテグラルコートを4回目として塗装して完成させます。 当社が絶対的に自信を持ている多重ラジカル制御形無機塗料+インテグラルコート(ラジカルを発生させない材質:酸化チタンを含まない)で行いますので、飛躍的に耐久年数がアップします。ゆえに既存塗料の塗膜保証プラス5年という保証ができるのです。 仮に保証が15年になっても会社の存続が危ぶまれるようでは保証に意味も効力もありません。 創業33年 地域密着型店舗を構えている実績、信用のおける外壁・屋根塗装専門店は県南では当社だけです。   来店予約受け付けてます。 4月に入り相談案件の問い合わせ、自然来店が多発しています。 担当者不在にならないよう、御予約をWEBまたはお電話でお申し込みいただけますと速やかに対応できます。 WEBでハウスメイク牛久営業日カレンダーを確認されますとよろしいかと思います。 御予約での相談に対してはささやかですが1000分のQUOカードを差し上げております。                                   2021年4月13日 更新
お知らせ日誌豆知識外壁塗装のご相談

塗り替えの基本

こんにちは、ハウスメイク牛久のWEB担当の猫三郎でございます。 僕は犬も好きですが最近は猫好きです。飼い猫は2匹いましたがもう亡くなってしまいました。 今は、ごはん食べたさに毎日のようにやってくる野良猫ちゃんの面倒をみています。 住宅の仕事も25年近く携わりましたが、現在は営業の一線から降りWEB担当として働いています。 ハウスメイク牛久は外壁・屋根塗装専門店です。 店舗の場所が良いこともあり、近隣のお客様が気軽に相談に来れれています。 初めての塗装であれば、不安な要素が多いですよね。 2回目以降であっても前回塗装に納得のいかないこともあることでしょう。 いずれにしても、外壁塗装工事を成功させるために、もう一度基本的なことをおさらいするのもよいでしょう。 塗り替えの注意すべき基本事項 その1. 現状をしっかりと認識する ・外壁や屋根などは雨風や紫外線にさらされ劣化します。(塗膜劣化・防水効果の低下) ・あるいは地震の影響で亀裂や破損などもおきることがあります。(経年劣化・素材自身の破損) ・ひび割れはおきていますか? サイディングボードに亀裂がありますか? 屋根がずれてしまいましたか? advice:塗り替えは塗料による素材保護と美観の維持が目的です。建物の防水効果を高める。雨水の侵入を防ぐ修繕も含めて考える工事です。相談に来られるときに写真などを撮って御持参いただけると判断しやすいです。   その2. 複数の見積もりをとる(有効的な相見積もりをとる) ・一社だけの見積もりで判断するのはかなり難しいです。(比較が必要、判断基準を持てない) ・数社の見積もりをとると、おおまか「これ位が適正な工事費か」という基準が持てるようになります。リフォーム工事には定価というものがないので注意しましょう。 advice: 相見積もりは業者まかせではダメです。比較しないと判断がつきません。最低でも塗装箇所・塗料グレードは揃えておく必要があります。最上級グレードは無機系塗料(無機と有機のハイブリッド塗料)以下はフッ素系塗料、セラミックシリコン系塗料、ウレタン系塗料、アクリル系塗料になります。そのほか塗布回数(部分塗装を含めて)なども揃えて作成してもらいましょう。   その3. 見積内容の説明は必ず各社聞くようにする advice: 見積書の内容を担当営業さんからしっかり聞きましょう。会社の力量や担当者の技量が感じ取れます。自信に満ちた営業マンの態度は信頼感につながります。見積書の記載漏れの発見もできます。   その4. 値引き額が大きい会社は避ける。今日の返事をせまる会社も避ける ・基本、リフォーム工事で値引きできる要素は少ない。 ・10万以上の値引き(ひどい会社は30万も40万も値引きをしてくる)をして返事をせまってくる会社は注意してください。 ・「今日だったらこの額で工事できます」はトーク上の駆け引きで明日でも、1週間後でも同じ金額で工事できるはずです。(訪販で経験したので) advice: 基本的に見積もり依頼をするときに、「駆け引きなしの最終金額で積算してください。」と伝えましょう。話を聞く前に、結果の返答は後日しますと先手も打っておきましょう。   その5. 窯業系サイディングの塗装は予算プラス10~15万みておく ・窯業系サイディングボードの塗り替えは、竪目地の交換、窓回りなどの目地打増しが必要になることが多いです。 ・目地修繕(シーリング工事)は建物の防水を保つ上で重要な工事です。後から梯子で作業するのは無理です。 advice: 目地修繕に使うシール材は、高耐候のものを選びましょう。コーキングには様々な種類があり、それぞれ用途も違います。オートンイクシードを指定して見積もりを作成しておけば問題ないでしょう。(外壁塗装の際、使われるコーキング材の中で一番耐久性があるから)   その6. 保証書・保証年数の確認を ・小さな個人会社などでは、書面で保証書が発行されないこともあります。(口頭で20年大丈夫とか半永久的にもつなどのオーバートークはするが保証書はださない) ・外壁・屋根・木部、鉄部というように塗装した箇所別に記載されることが多いです。 advice: 塗装工事の保証は塗膜保証です。はがれ(剥離保証)について会社独自の保証書と塗料メーカーの保証書があるようです。当社では推奨塗料での工事であれば外壁10年、12年、屋根8年、10年となっています。一般的には外壁塗装5年、屋根3年、部分塗装1年ということが多いです。   その7. 塗料選びしましょう ・毎度御紹介しているラジカル制御形塗料については、各社競合し高性能の塗料を世に出しています。フッ素樹脂をしのぐ耐久性を誇るラジカル制御形塗料。アクリル成分が大半のもの、シリコン樹脂で構成されているもの、フッ素樹脂で構成されているものなどレベルの違いがあります。安くていいものはないものです。有機と無機のハイブリッド系ラジカル制御形塗材は単価もグーンとアップしています。 ①塗料タイプの決定 匂いが優しいタイプなら水性塗料(水で希釈するタイプ)、気にならなければ溶剤タイプ(塗料シンナーで希釈する)が良いと思います。 ②塗装サイクルの期間で決定 貸家などで短い周期で5~10年未満でよければウレタン、アクリル系塗料で、10年以上を求めるときはラジカル制御形またはフッ素樹脂系が良いと思います。15年以上を求めるならば無機系多重ラジカル制御形の塗料がおすすめです。 ③機能を持たせたタイプで決定 屋根塗装に遮熱効果または遮断熱効果を持たせるかで変わります。外壁塗料も同様の効果を発揮するものがあります。代表的なものは以下の通りです。 遮断熱効果:新マテリアルワン キルコ  株式会社日進産業 GAINA 遮熱塗料:日本ペイント  サーモアイシリーズ  プレマテックス グラステージ エコルーフ ※外壁塗装でモルタルのクラックが多い場合は、下塗り材で弾性力の強いもので対応しましょう。その他、高意匠性サイディングボードを塗る場合は、多彩調の塗料またはクリヤー塗装が望ましいです。特殊工法でWBアート工法(色分け)での塗装も人気が出てきています。詳しくは営業担当まで。   その7. 依頼する会社をよく調べよう  ・工事管理が塗り替えのカギをにぎっています。工事前近隣挨拶から工事期間中の配慮、指示だし。 ・職人のレベルも大事です。現場をみせてもらうこともよいでしょう。(1級塗装技能士が在籍してますか) ・ホームページで専門的に工事が行われているかなども確認してみましょう。(施工例の日付が古くないですか、最新情報、お客様の声など信用できそうですか) advice:  店舗に尋ねてみることをお勧めします。会社の大小にかかわらず、雰囲気で会社の持っている社風を感じると思います。担当営業さんがついてくれると思います。質問をある程度用意して訪問しましょう。その答えの一つ一つに人間性や経験が表れてきます。自信に満ち溢れていますか? 答えに不審な点は感じませんでしたか? この人なら任せられると思えますか? ハウスメイク牛久の唯一素晴らしい点は、営業担当者がずば抜けて経験豊かであり、且つ、いい人ということです。   ハウスメイク牛久は外壁・屋根塗装専門店として地域に深く根差している会社です。信頼も実績も満足度もすべて1番と誇れる会社と自負しております。ご来店相談予約お待ちしております。ささやかではありますがクオカード1000円分をプレゼントいたしております。本日も長々ありがとうございました。 担当:猫三郎より                           2021年3月24日 更新
お知らせ日誌豆知識外壁塗装のご相談

いい感じになるね、金属サイディング 

こんにちは、ハウスメイク牛久です。3月6日、今日の最高気温は20℃となっています。暖かい日と寒い日を繰り返しながら本格的な春になるのでしょう。外装工事に携わるものとしては毎日晴れがいいです。気持ちよく工事が進みます。たまに聞かれることがあります。「工事日数が伸びると工事費も余分にかかるのですか。」そんなことは一切ありません。「材料が余分にかかったら請求されますか。追加がでますか?」それもありません。積算する上ですべて分量は計算したうえで見積提出しています。もし追加があるとしたら、契約時に約束した工事以外に工事が発生した場合のみです。門塀を後になって塗ってほしいとか、物置を塗ってほしいなど当初にない工事を頼んだ時のみです。(当社では)・・・しかし訪問販売の中の悪質なケースはあります。よく消費者センターに上がってくる中に、追加払えないなら工事は中断します。足場もそのままにします。本当に醜態をさらす業者もいますので気を付けましょう。地域密着型の業者が何故安心なのかといえば、地元で悪いうわさが上がれば商売できないからです。   本日のお題は 金属サイディング カバー工法 ・金属サイディングは新築でも使われるようになってきました。意匠性が高く機能性に優れ、耐久性にも富んでいることから人気があります。リフォームでは既存の壁の上から張る方法で施工されています。廃材、手間が省けることでコストダウンにつながるためと思います。 ・施工方法 既存の外壁に防水紙を張ります。横張りするときにはたて胴縁、竪張りのときは横胴縁を入れます。 胴縁にサイディングを取付けます。金具工法であれば胴縁に金具を取り付けます。窓廻りなどには専用の部材を付けておきます。コーナーは専用コーナー部材(外壁と同じ柄付けのもの)を使ったほうが綺麗です。   ・塗装と金属サイディングのランニングコスト比較   ・金属サイディングの種類  素材別でスチール製・ガルバリウム鋼板製・アルミ製の3種類。今回はガルバリウムの製品にスポットをあてました。  ※ガルバニウム鋼板金属サイディング(ガルバリウムとはアルミ55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%でできています)  ニチハ製 センターサイディング 塗装高耐食GLめっき鋼板(0.27mm)iシリーズ・プレミアムシリーズ 変色・褐色・塗膜・赤錆 10年保証付き  アイジー工業製 IG SIDING  55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板 (NFシリーズ、0.27mm)NFiシリーズ変褐色・赤錆・穴あき20年保証付き  KMEW製 はる一番 溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板(0.27mm)塗膜変褐色・赤錆 10年保証付き  ガルバニウム鋼板金属サイディング(ガルバリウムとはアルミ55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%でできています)   ・KMEWはる一番 メーカ―動画 [embed]https://www.youtube.com/watch?v=TiXfAeguAog[/embed] [embed]https://www.youtube.com/watch?v=D_QQ1aLnuoU[/embed]   ガルバニウム鋼板サイディングの特徴(ニチハ製センターサイディング) 1.耐久性・断熱性に優れた三層構造  表面材:塗装高耐食めっき鋼板(溶融55%アルミニウムー亜鉛合金めっき鋼板)  断熱材:(芯材)硬質ウレタンファームを使用しているので断熱性・遮音性が高くなる。  裏面材:アルミラミネート加工紙 外壁の強度を高めると共に、輻射熱を反射し屋内を快適な温度に保ちます。 2.塗装高耐食GLめっき鋼板は一般的な亜鉛めっき鋼板に比べ約3~6倍の寿命  塗装高耐食GLめっき鋼板のめっき層は、亜鉛リッチ層がアルミリッチ層を網目状に囲いこんだ構造。 基本性能 1.耐震性能(住宅の重量を大幅軽減)  サイディングの重量は、モルタルの約1/10です。 2.断熱性能・遮熱性能(断熱材を一体成型)  芯材の硬質ウレタンフォームやイソシアヌレートフォームの高い断熱性能と、裏面材のアルミラミネート加工紙による輻射熱を反射させる機能が、抜群の断熱性能を発揮し、屋内の温度を逃がしにくく、快適な暮らしをサポートします。 3.遮音性能  厚み18mm(ニチハ製:センターサイディング)による遮音性。重ね張り工法によるリフォームの場合、壁が二重構造となり、外部からの騒音をさらに軽減します。 4.耐凍害性能(寒冷地での凍害防止)  一般的な外壁材の場合、寒冷地では外壁材の表面に付いた水分が凍結と融解を繰り返され、基材の劣化(凍害)が懸念されます。表面材に塗装高耐食GLめっき鋼板を使用していることで水分を吸収せず、凍害の心配がありません。 5.通気工法(外壁の性能を長期間維持)  「通気工法」とは外壁の裏面に通気層(空気の通り道)を作り、湿気や熱を排出・乾燥させ、壁体内の結露を防ぐ構法です。同時に通気層を設けることで、冷暖房効率のアップにもつながります。住宅の耐久性を向上させるとともに、快適な住環境を実現します。     KMEW(ケーミュウ)の金属サイディング 光の加減で浮き立つラインが、多彩な表情を演出します。金属ならではの素材の良さを洗練し、奥深さを感じさせる風合いやシックな印象を与える色合いに演出。 光が当たる角度によってストライプ模様やヴィンテージ感が際立つなど、表情豊かなデザイン性が暮らしに味わいを添えてくれます。 厚みは16mm・塗膜変褐色・赤錆10年保証 遮熱性フッ素塗装   複数の角度の組み合わせや鋭いエッジなどで、金属素材の持つシャープでメリハリのある表情が、洗練された造形を演出します。 厚みは16mm 塗膜変褐色・赤錆10年保証・遮熱性フッ素塗装   アイジー工業の金属サイディング(国内シェアNO.1) ・SFスリムスパン 変褐色・赤錆・穴あき10年保証・タテ張り・遮熱性フッ素樹脂塗装ガルバリウム鋼板 15mm ・洗練されたフォルム 力強いエッジと均整のとれたストレートライン。一押し商品。 ・NFI-フィネストーンⅡ 変褐色・赤錆・穴あき20年保証・横張り・遮熱性フッ素樹脂塗膜・防汚機能:クリンフェクト 15mm  長期保証20年付き。インクジェット塗装の採用により、石肌感を繊細に表現。アイジー工業ならではの商材。     アイジー工業の「Xium」エクシウム 「Xiumチタン」「Xiumアルミ」 ・金属サイディングの既成概念を超え、彫りが深く陰影に富む「ラグジュアリーパネル」という、これまでになかった全く新しいカテゴリーを創造しました。2商品をリリースしました。  いずれも、世界的に著名な工業デザイナー・奥山清行氏が率いるKEN OKUYAMA DESIGNとアイジ―工業のコラボレーションで生まれた商品。質感と味わいのある、和洋いずれともマッチングする多様性を備えたデザインパネルです。金属の究極の美しさを追求。 [embed]https://www.youtube.com/watch?v=4CQEh33PdTo[/embed]   ニチハ金属サイディング ・センターサイディング プレミアムシリーズ 18mm    超高耐候 フッ素塗装高耐食GLめっき鋼板 変色・褐色・塗膜・赤錆 10年保証 ・センターサイディング iシリーズ 18mm  マイクロガード 高耐候コーティング 変色・褐色・塗膜・赤錆 10年保証     YKK AP金属サイディング アルカベール(アルミ製)とアイアンベール(スチール製)の2種のみでガルバニウム鋼板のサイディングは製造していません。   ハウスメイク牛久では外装工事の提案を行っています。外壁塗装・屋根塗装はもちろんのこと、金属サイディング工事、金属製カバールーフの工事においても、メーカーとの連携を保ちながら最善の提案・施工を行っております。カバー工法での外壁金属サイディング総張りで御検討いただけますお客様には最大限のサービスを提供いたします。見積もりの御依頼心よりお待ちしています。             2021年3月11日 更新
お知らせ豆知識外壁塗装のご相談

私の好きな屋根塗料ベスト3

こんにちは、ハウスメイク牛久のWEB担当猫三郎です。今日は晴れて気温も高くなりました。風だけは強く吹いていました。社長と龍ヶ崎市の平台に現場調査に行きました。ドローンでの撮影調査がありましたので同行しました。ドローン飛行は認可を受けた者でなければ飛ばすことはできません。保険にも入っています。今日は風が強くだいぶ煽られましたがなんとか撮影できました。洋瓦、モニエル瓦でした。モニエル瓦(乾式洋瓦)とは、着色スラリー層のあるセメント瓦のことです。屋根材メーカーによっては、モニエル瓦、クボタ瓦、スカンジア瓦とも呼ばれます。塗装時にはスラリー層(着色セメントスラリー塗装)とは成形後、着色スラリーと呼ばれるコンクリートと同質の無機質着色剤を1mm以上(2㎜~3㎜)の塗膜を塗布した防水層になります。塗装時には不安定なスラリー層をしっかりと高圧洗浄で除去しなければなりません。   今日の最初の話題は私の好きな(推奨する)屋根塗装の塗料3つを紹介します。BEST3 エコルーフ(GLASTAGE シリーズ プレマテックス製)2液弱溶剤多重ラジカル制御形高日射反射率屋根用無機塗料 ・従来の遮熱塗料の概念を変える。耐候性を維持し早期退色不安を軽減しました。遮熱塗料の課題であった変色・退色のリスクを設計段階から見直し・改善。耐候性と遮熱性の両立を実現しました。詳しくはエコルーフの文字をクリックしてね。ラジカルの機能と遮熱の機能を兼ね備えているという点が高評価の要因です。 ・エコルーフは「屋根用耐候性強化色」が用意されています。以下説明書き。  1.耐候性に優れた無機顔料と比較的耐候性の良い有機顔料(青・緑)のみで調色。  2.光安定剤(HALS)を高配合し、退色の進行を抑制。  3.艶調整剤等の添加を抑え、相対的な樹脂料を最大限に確保し樹脂劣化を抑制。   パワーシリコンマイルドⅡ(水谷ペイント)2液弱溶剤シリコン変成樹脂塗料 ・より強く、より美しく、より作業性が良い塗料の開発を追求するパワーパフォーマンス。シリコン樹脂にこだわり、フッ素樹脂の耐久性を追求したシリコンパフォーマンス。地球環境にやさしい塗料を追求したマイルドパフォーマンス。この3つのパフォーマンスを融合させたのがパワーシリコンマイルドⅡです。パワーシリコンマイルドⅡはまさに21世紀の塗料です。   パワーフロンマイルド(水谷ペイント)弱溶剤2液型フッソ樹脂塗料 ・水谷ペイントの屋根用塗料は耐久性に定評があります。最高の耐久性を提供。弱溶剤形の塗料の中で最も優れた性能を発揮します。 ・上記記載の塗料以外でも個人的に高評価できるものは多数あります。外壁と同じくラジカル制御形塗料がでてきました。日本ペイントではファインパーフェクトベスト。関西ペイントではダイナミックルーフマイルドなどです。それでも私の好きなBEST3の塗材の方がより耐久性が良いと思います。   ・下地処理と下塗り材の選択も屋根塗装をする上では大切です。下記下塗り材は屋根専用でモニエル瓦の塗装下塗りに対応しています。浸透性で1液のエポキシ系シーラーです。   カラーベストの塗装 ・カラーベストとは、「平型化粧スレート」のことです。屋根材の一種です。セメント、けい砂を原料とし、繊維で補強してできています。製造年度によって強度、耐久性能に差が生じている状況ですので御相談に来られるときは、建築関連の書類など確認できればお願いします。製造メーカーや商品名が記載されていますので、担当営業にお伝えください。10年前後の周期で塗装されるのが良いと思います。塗替え時の注意点として、洗浄工事にて落とせる汚れ、劣化している塗膜はきれいに落としましょう。雨押えが付いている場合は、棟板金がしっかり固定されているか、棟の中の貫板が腐っていないかなどを確認してもらいましょう。 ・上記写真は棟板金の交換を時系列にしたものです。ハウスメイク牛久では棟交換時の下地に金属下地を加えて仕上げますので、止まりも耐久性も向上します。 ・棟板金の状態確認と破損状態の確認も行いましょう。カラーベストは瓦の重なりも深いので少々のことでは雨漏りはしませんが、補修はしっかりと行いましょう。コーキングでは不十分ですので2液性の浸透型補修材タスマジックなどを使用しましょう。浸透型なので瓦の両面を強固に接着することができます。詳しくは下記動画(セイム社の動画)で確認下さい。 [embed]http://youtu.be/SBLgzhcO0IE[/embed]   ・破損確認を行った後はいざ、塗装です。雨漏り防止部材は御存じですか?タスペーサーという部材を屋根の重なり部分に差し込んでおくことです。カラーベストの塗装は、瓦と瓦の竪の重なり部分が塗膜でふさがってしまうと雨漏りの要因になってしまう可能性が高いのです。水が溜まりやすくなってしまうので、隙間を作って塗るということです。詳しくは下記動画(セイム社の動画)参照してください。 [embed]http://youtu.be/_K3trsqZwEA[/embed] ・タスペーサーを装着できたら下塗りスタートです。下塗りの塗布から中塗りの塗布までの時間は、3時間以上といことが多いですが、季節によって違うのですが7~8時間位の猶予が欲しいです。下塗り材の吸い込みによって判断してから次の工程に入らなければいけません。主材が吸い込みしてしまうと色むらなどの原因にもなりかねません。充分な機能をを発揮するためにも前作業が大切になります。 ・中塗り作業と上塗り作業においては特別な事柄はありません。しかし塗料の取り扱いの良しあしで仕上がりも、耐久性も変わってしまうのです。BEST3に挙げた塗料の取り扱いについて。取り扱いとは希釈の割合を遵守できているかということです。上記記載の屋根塗料はすべて2液性なので、硬化剤がセットで使用するタイプのものです。硬化剤の役目は塗膜の強度を保つことや、乾きを早くするためのものです。その他塗料シンナーで希釈をします。気温などにより多少分量を調節しています。各塗料ごとに希釈の割合が決まっています。 ・屋根塗装工事前、洗浄後、下塗り、中塗り、仕上げの順で、写真などをとってもらうと工事がどの程度しっかりと行われているか判断もつきますし、安心できます。ハウスメイク牛久では塗装職人が撮影するケースと、営業担当者が管理しながら撮る場合があります。保証書を発行する上でも写真をメーカーに添付しています。5年、8年、10年、12年と塗料によって年数は違います。また、プレマテックス製の屋根塗料で「屋根用耐候性強化色」はさらに保証年数が2年プラスされます。安全で安心な工事をする上で一つの判断基準にしていただければ良いかと思っております。材料とやり方、会社選びと担当者との出会い、すべてがGOODでBESTな工事ができるわけです。 ・ハウスメイク牛久では牛久市はもちろん、龍ヶ崎市、取手市、土浦市、つくば市、つくばみらい市、常総市、守谷市、かすみがうら市、稲敷市、阿見町、利根町、石岡市など半径30㎞前後のエリアを中心に仕事を行っています。県南で名実ともに1番になるための努力はけっして惜しみません。今後はショールームをフル活用し、WEBでの相談も強化していきます。そして、住宅に関する内容はすべて対応できる街のハウスドクター的役割を担ってまいります。会社も強化し、新たな人材も補強していきながら創業40年を目指し躍進してまいります。今後も宜しくお願いいたします。 WEB担当 猫三郎                     2021年2月19日 更新
お知らせ日誌外壁塗装のご相談

外壁塗装専門店ハウスメイク牛久

こんにちは、ハウスメイク牛久のWEB担当猫三郎でございます。本日は会社はOFFなのですが、仕事が溜まっていて一日中パソコンと睨めっこです。ホットレモン3杯、コーヒーが今から三杯目です。午前中は会社案内を再編集できるかどうかチャレンジしてました。今日はこんな感じです。以下の4項目について記載します。参考にならない部分は飛ばして読んで下さい。   1.外壁塗装専門店とはなんぞや? 2.ハウスメイク牛久店はどんな会社? 3.相見積もりでびっくり?こんなことあるのかな! 4外壁塗装専門店ハウスメイク牛久なら提案はこうなります。   1.外壁塗装専門店とはなんぞや? 私、お馬鹿なものですから外壁塗装専門店での勤務が三社目なんです。(超恥ずかしい!)1社目はごめんなさい、半年しかいませんでした。2社目は2カ月しかいませんでした。3社目が現在のハウスメイク牛久という外壁・屋根塗装専門店です。(1年と4カ月になります。ここまで来ると退職の意思はありません。)1社目の退職理由はズバリ、売れる環境でないこと。親族経営でもめ事の仲裁ばかりでいやになりました。2社目はいい会社でした。上司は鬼のように厳しい方でした。厳しいから褒められると嬉しくなったものでした。通勤に朝夕で4時間かかるのでギブアップ!給料体系も実力に応じていたのでいい会社でした。(残念)現在は通勤30分で快適。そして営業職兼任で、WEBを含む広報係みたいな職を社長があたえてくれましたので張り切っています。 本題ですが外壁塗装専門店の特徴 ・オリジナルの塗料を武器として持っている。(商品に特化している) ・ショールーム化した店舗をきちんともっている。(視覚に訴え安心感と信用を売ることができる) ・専属の塗装班を複数持っている。(1級塗装技能士が在籍していることが多い) ・工事費が適正価格である。(相場をけっして逸脱していない) ・ホームページがしっかり作られていて更新(最新情報)が早い。欲しい情報が取れる。 この5点に特化しているのが外壁塗装専門店の特徴であった。(だてに転職はしていない) オリジナル塗料の良い点は売り手にとって売りやすいこと。お客様にとっては工事費の負担がやや高めであるということ。正直な話で社長に怒られますね。しかし質感の高い塗料は高いのは当たり前のことです。耐久性が長いわけですから。販売店登録(地域で実績が認められる店)した会社でなければ使うことはできません。 ショールームについては、順を追って工事説明ができるような配置になっていることが大事です。商材が揃っていることも大事です。実際に塗布してある大判見本が壁にかかっているとイメージが湧きやすく、触ってみて質感なども確認できますね。 専属の塗装班の数は、手前みそではありますが3社在籍した中ではハウスメイク牛久が最強(数もレベルもです)です。2社しかいない、4社あってもレベルが低い(遠い)ということを経験しましたので。2社でまかなえるということは実績も少ないということです。1級塗装技能士は全員という会社は近隣にはありません。資格は受験の有無ですので経験値はそれ以上に大事ですけど。 工事費が適正でないのは訪問販売系会社に多いです。(これも若いときに経験した実話なのですが、利益率は50~60%という恐ろしい数値になっていました。塗装専門店はそこを逸脱しません。高すぎては長く地域に根差せませんから。 ホームページについては、工事事例や参考になるブログが継続して執筆していることが会社のレベルと思っていただいて良いと思います。お買い物にきたけれど買いたいものも、欲しい情報もなければ店を出るのと同じです。WEBでの情報提供は大切なことと思います。 総じて記載しますと、上記の記載内容を参考にして塗装計画のお役に立てて下さい。なお塗装専門店という看板はあっても主たる工事が水回りや新築事業などの場合の会社は見積りがぐちゃぐちゃのことが多いです。坪いくら?という見積りのケースが多いです。(工程ごとに積算できていない。塗料名が明記されていない。保証年数もかかれていない。部分塗装の塗料が不明確。)下請け丸投げで管理者が経験不足。   ハウスメイク牛久はこんな会社です。 ・施工できるリフォーム工事  塗装全般・屋根工事全般・内装工事全般・外構工事全般・防水工事全般ということでできない住宅工事はありません。多少苦手の工事もありますけど。塗装工事は完璧です。 ・工事可能地域  店舗から2時間未満で到着できる範囲が最大。主に30㎞範囲内。牛久市、龍ヶ崎市、取手市、利根町、守谷市、常総市、つくばみらい市、つくば市、土浦市、かすみがうら市、石岡市、稲敷市位までです。下妻市、下館市、小美玉市、我孫子市、柏市なども御依頼が間々あります。(紹介などが主) 主に使われる塗料会社はプレマテックス・日本ペイント・関西ペイント・水谷ペイント・フジワラ化学工業・株式会社シンマテリアルワンなどです。保証年数は最長15年。(塗料と部位、状態による) 親方衆はみんないい人ばかりです。鬼滅の刃の柱のように責任感あふれる魅力的な親方です。親身になって工事してくれます。技術も高いです。 当社 社長は現役営業マンを兼任しております。掃除・キレイ好き・甘いもの大好き(特にあんこ系)の超ベテラン社長です。牛久消防署並び、餃子の王将の隣に牛久店はあります。土浦店は土浦の中村陸橋から見えるところにあります。お近くにお越しの際は、御相談にお越しくださいませ。   相見積もりでびっくり? こんなこともあるのか? ・当然のことですが相見積もり多いです。信用いただけると受注時や商談時に他社の見積もりを拝見させていただくことがあります。塗装専門店の見積書とは別物? 思わず「えっ嘘でしょ」とむせ返るほどの衝撃。 1. ㎡数が出てこない?(現場調査で何をどうしてるの?図面確認したの?) 2. 坪数で1坪あたり3工程含め1行でおしまい?(下塗り材は何を使うのか話もでない?一番大事なのに?理解できない、判断つかない?) 3. 塗料名出ていない?(いったい何で塗るの?シリコン、ウレタンとしか書いてない?) 4. 窯業系サイディングなのにコーキングの項目が無い?(項目も金額もないけど、やりますだけ言ったって?) 5. 足場費用が30万円突破!(一体どうなってんの?アパートでも塗装するの?) すみません、思い出してもびっくりする内容ばかりでみんな青地の太字になってしまいました。主に住宅メーカーの中堅以下の会社が大半です。頼んでいいけれどかけたお金は戻ってきませんから本当に注意してくださいね。該当した見積書を受け取ったことのある方がおりましたらズバッと書いてしまい申し訳ありません。御不安な時にはハウスメイク牛久まで御相談下さいませ。丁寧に工事内容をお伝えしますので。けして当社が一番安くできるということではないですが、1番内容の濃い工事提案書はお渡しできます。   ハウスメイク牛久ならこうなります。参考積算書以下に写真記載します。 ・あくまでも参考例の明細書です。塗装は3工程の塗料別に、塗料名明記、保証年数明記、外壁塗装面積は実塗布面積を㎡数で記載、コーキング工事は打替えと打増しにわけてあります。参考例ではありますが、先回びっくりした会社の積算書はおおよそ7行程度の積算書でした。ハウスメイク牛久では使用する塗料の資料や現場調査の報告写真なども添付し御説明しています。安心して相談できる会社で工事されてください。 ではまた次回のブログも良い情報提供できるよう全力で完成させます。お楽しみに。   2021年2月16日 更新
お知らせ日誌豆知識外壁塗装のご相談

相談の多い工事 附帯工事 水回り工事

こんにちは、ハウスメイク牛久でございます。今日も小春日和となり日中の気温は16~17℃です。2月に入り温かい日と寒い日の温度差が激しいので、体調を崩しやすいですが皆様いかがお過ごしでしょうか。当社では休日のたびごとにリフォーム相談来店があります。専任担当者による相談は、メールや電話で御予約下さい。現場調査、現場管理などに営業も出回っていることが多いので、せっかく御来店いただいても営業不在で相談ができかねますので。御予約制でWEB相談もできますので御利用下さい。 今回のテーマは、相談の多い工事についてです。。 相談案件1番. 外壁塗装 相談案件2番. 雨漏り 相談案件3番. 屋根塗装・葺き替え 相談案件4番. サッシ関連・エクステリア 相談案件5番. 水回り 外壁塗装 相談案件の地域別ですと、牛久・龍ヶ崎・つくばが多いです。外壁の種別では、圧倒的に窯業系サイディングです。塗装回数でみれば2回目あるいは初めての塗装が多いです。 雨漏り  雨漏り相談で多い漏水部位は屋根・ベランダ・サッシ廻りです。火災保険の対応で工事費の負担が軽くなることもありますので、相談時に担当者に聞いてみて下さい。外壁の亀裂やシーリング部分の欠如により漏水している場合もあります。雨漏りが解決せず悩まれているようでしたら御連絡下さい。点検無料です。 屋根塗装・葺き替え  屋根相談1番はカラーベストです。セメント瓦系屋根材は1割程度です。葺き替えは、雨漏り相談からの流れで対処として葺き替えになるということです。  サッシ関連・エクステリア サッシ関連の相談で多いのは木製ドアの交換(LIXILのリシェント)、木製雨戸・戸袋の交換。   水回り相談 圧倒的にトイレの交換。洗面台交換、給湯器交換の順です。キッチン、風呂場の改修工事の相談もあります。   ・火災保険の対応について  基本的には施主様の申請が必要です。入られている保険の証書をよく確認しておいてください。最初の手順としては保険会社に問合せをすることです。その際の注意点は「被災した場所はどこですか」「いつの暴風雨によるものですか」など聞かれますので答えをきちんと用意しておくとよいですね。電話で申請を申し込むと郵送で書類が送られてきますので、書面に必要箇所を漏れなく記載してください。業者に調査を依頼し見積書と写真を添えて書類と一緒に保険会社に送り返します。結果は1か月前後で電話にて連絡がきます。掛け金や保険内容、保険会社により異なりますが、大半の方が保険金を受理され工事費に補てんしています。過去の例でみても、当社の工事費の7割前後の保険金が認められたケースが多々あります。「屋根の棟の押さえが浮いている。」「瓦が大きくずれてしまった。」「雨樋が破損している。」「外構フェンスが曲がってしまっている」など対応できるか確認したい場合はハウスメイク牛久までお問合せ下さい。 ・水回り相談について  コロナウィルスの影響を受け、つくば市にあるLIXIL・TOTO・クリナップ・タカラ・Panasonicのショールームも予約制で人数も大人数はNGという状況であります。しかし水回り商材はショールームで説明を受け、メーカ―見積りを作成してもらうことから始まります。メーカー見積りがあれば近隣で信頼のおける業者へ相談に行き、現場調査をしてもらえば工事見積書ができます。地域で長く商売しているリフォーム会社であれば工事費の違いはほとんどないと思います。 ・サッシ関連について  玄関ドアのリフォーム。「玄関ドアの工事だから、壁壊したり何日もかかるだろうか」「1日なら良いが何日も仕事休めないし」と心配で踏み込めないお客様。木製ドア、古くなったアルミドアなどを交換したいならLIXILのリシェントがおすすめです。下記写真右にあるように、既存ドアの枠に新しくアルミ製の枠を取付けわずか1日で工事が完了(ONE DAY REFORM)。ドア枠、ガラスなど断熱仕様タイプがあります。枠には発砲ウレタンの芯材の有無、ガラスは樹脂スペーサーLow-E複層ガラスから一般合わせガラスなどにいたるまでと断熱仕様のグレードがわかれています。勝手口、ユニットバス折り戸などもカバー工法で交換することができます。   ・屋根塗装・屋根葺き替え相談内容  「屋根に太陽光発電のパネルが設置してあるのですが、塗装の時などどうしたらよいですか」と聞かれることが多いです。塗装の場合はパネルを脱着して塗ることはほとんどないです。屋根の葺き替え(ガルバニウム鋼板のカバー工法時)の際は、脱着作業して葺き替えを行い、パネルをもとに戻すことが多いです。戻すときに太陽光パネルの配線の交換や点検を行います。カバールーフに対応する架台も交換となります。予算を別途35~50万円前後みておきましょう。 外壁塗装相談内容について ・外壁塗装相談で1番話題になる事柄が工事金額です。2番は塗料について。3番は職人について、4番は塗装時期について、5番は当社について。という順番でしょうか。 ・工事金額をお知りになりたいのは当然です。しかし現場を拝見しないことには金額は伝えられません。広告の価格提示は一つの目安です。塗装部位が多い、実塗装面積が多い、付帯工事(シーリングの工事、クラック補修、木部などの修繕)が多いなど現場条件によって差が生じます。外壁素材によって使用塗料のチョイスも変わります。塗料について関心のあることは耐久年数でしょう。耐久年数は塗料の耐候性に準じています。より耐候性の優れた塗材が選ばれます。低汚染性、透湿性、防藻・防カビ性などを加味して最終的に判断します。いいもので安くということはありません。ハイクラスの塗材は下塗り材も主材も安くはありません。職人の手間も同じです。5年程度の経験者と20年以上経験・実績のある職人で同じ手間代ということがないからです。「塗装の時期はいつがいいの」という質問も多いです。茨城県県南の地域の気象条件であれば1年を通して塗装工事はできます。一般的には空気が乾燥していて天候が安定している時期と言われています。乾きが半端にならないよう乾燥時間を余分にとればいいだけですけれど。下塗りと中塗りの間はできれば1日程度はあけたいです。現実には4~5時間程度のタイムラグしかないことが多いです。しっかり工事前に「早くやりすぎには注意、乾燥時間はきちんととってください」というように約束したほうが賢明です。当社についての質問は特にないです。「塗装以外のの工事はやってるか」とか「今どこで工事しているか」などです。ハウスメイク牛久が誇れるのは創業33年の実績。牛久という土壌で33年やり続けてきた事実なのです。近隣他社でが外壁・屋根塗装専門店で30年以上実績を持つ会社は1つもないと思います。またその間にいろいろな塗材に触れながら最高の塗材、最強の職人を育ててきたのも事実です。   外壁塗装 土浦市で検索。外壁塗装 つくば市で検索 して検索順位1番。実績も満足度。真の1番店・最強のリフォーム会社を作ろうと社長も将来に向け、従業員とともに日々奮闘しています。どうかお会いできる御縁がもてたときに「情熱的ないい会社だ」と評価いただけるよう努力してまいります。本日も2軒御注文いただきました。ありがとうございました。お客様からのお問合せ、心よりお待ちしております。                 2021年2月9日 更新
外壁・屋根塗装のご案内お知らせ豆知識外壁塗装のご相談

最新現場情報・龍ヶ崎市、牛久市 外壁屋根塗装&知っておきたい事情報

こんにちは、ハウスメイク牛久でございます。日々工事に追われる毎日でございます。受注後に材料の手配、職人の手配、足場の手配など営業は日々奮闘して行っております。多忙でいられるのもお客様のおかげでございます。地域に根差して30年以上になります。現場の一軒一軒の積み重ねがあってのことです。2021年の施工現場から御協力いただいておりますのは、現場着工中にA看板を設置させていただくことでございます。A看板は二つ折りのAの形に見えるということでネーミングしている看板です。食べ物屋さんの店の前に設置しているような看板。ランチの告知などをブラックボードに書き入れたり、紹介内容をマグネットではったりするようなものです。我々営業は、現場の周りからの反響が大事なのです。是非御縁がありましたら御協力下さいませ。 さて本日は当社のトップセールスマンの現場完工に向けての作業風景を御紹介いたします。   現場1. 外壁塗装(窯業系ラップサイディング)屋根塗装(カラーベスト) 仮設足場の幕をまくり上げているのは風が強いとき、今回は風の件と写真を撮るためでした。窯業系のラップサイディングの住宅はホワイトカラーがとても似合いますね。外壁主剤は日本ペイントのファインパーフェクトトップを使用しています。ラジカル制御形の塗料ですので耐候性能が抜群です。 新築のようによみがえりました。施主様も大喜びしてくれました。現場の管理もしっかりと行っています。施主様の不安要素を取り除き、職人への指示だしなどを行います。営業はお客様と職人のパイプ役ですのでしっかりと機能しないとクレームにつながります。 屋根の作業の様子です。洗浄後旧塗膜がほとんどない状態でしたので、下地材を吸い込ませしっかりと塗りこんでいきます。青い色が屋根主剤で、2液溶剤遮熱塗料で塗装しました。屋根色は明るい色のほうが遮熱効果が高いです。水谷ペイントの快適サーモSIを使っています。 完成いたしました。スッキリとした印象の素敵な洋館風の建物に生まれ変わりました。   現場2. 外壁塗装(モルタル・リシン壁)屋根塗装(カラーベスト) ・外壁塗装の工事内容として広告で打ち出ししている内容は足場・洗浄・外壁塗装・破風板・軒天・雨樋までとしています。補修費用は別途積算となります。塗装部位が多い場合にもプラス費用が発生します。広告での大きさの基準も30坪程度(外壁塗装面積として125㎡として)となっていますので、現場調査した上での価格提示となりますのでご理解下さい。 モルタル壁は吸い込みが多いので下塗りが大事になってきます。弾性系の塗料の方が亀裂に追従するという点では適しているといえますが、特に弾性力にこだわる必要はありません。塗料をフーセンガムのように「こんなに伸びるんですよ」などとデモンストレーションする会社がありますが、成分がアクリル系なので耐候性は不十分と思います。あくまでも経験上の話ではありますが、アクリル系塗料で10年経過した現場は劣化(チョーキング)が激しいことが多いです。ハウスメイク牛久では、一番グレードの高いものから進めています。無機塗料が一押しでしょうか。 屋根塗装の基本工程は3工程です。写真は下塗り(1回目)と仕上げ塗り(3回目)が終わった写真です。冬場の工事なので日照時間が短くなります。1日1工程ずつ時間をかけて塗装しています。   塗装工事を依頼するときの注意点 ・契約前に何度も打合せを行っていると思いますが、その時には必ず打ち合わせの記録をとっておきましょう。(後にトラブルにならないように) ・見積書の内容に一カ所でも訂正がある場合には、必ず最新の正しいものをもらっておきましょう。基本的に見積りをベースにして工事が行われるますので。 ・工事スタート前に工程表を作成してもらいましょう。(多少天候などでずれも生じますが工事の流れをしっかりと理解しておきましょう。) ・使用する塗料はすべて明らかになるようにしましょう。(外壁下塗り材、主剤、木部・鉄部などの附帯塗装についても) ・安くできる会社は、どこかに落とし穴があって痛い思いをしますので工程数、塗布量(缶数)など聞いておきましょう。 ・保障について詳しく聞いておきましょう。(外壁何年・屋根何年・附帯塗装何年・防水工事何年など、また保証内容についても具体的に) ・契約時におおよそいつ位から工事が始まるのか。何日位で完了するのか。 ・完了時の引渡しについて。立ち合いをした上なのか。具体的に完成写真を確認できるのかなどはっきり聞きましょう。 ・塗装職人の経験年数や人数など。資格を持っているか。(一級塗装技能士、2級塗装技能士など) ・工事前現場調査を必ず行ってもらいましょう。足場組立後に作業前の外壁や屋根の状況、傷や汚れなどを確認しておかないといけません。塗装前から雨戸にへこみがあったのに、工事を行って傷がついたとか言われてもあとのまつりです。 ・支払い方法や、領収書の有無、請求書や振込先などきちんと確認しておきましょう。   塗装工事中の注意点 ・お車については、あらかじめ営業担当者に養生カバーが何枚必要か伝えておくとよいです。近隣のお家の車が近い場合は、その分も伝えておくとスムーズに工事できます。 ・仮設足場工事は金属音がありますので、ペットなど室内で飼われている方はできるだけ在宅をお願いします。 ・高圧洗浄の際は、洗濯物は室内にお願いします。またサッシのロックは必ずかけておいてください。高圧洗浄の水圧で隙間があると水が家の中に入ってしまうこともありますので。できれば御在宅お願いいたします。 ・養生作業で、サッシ窓廻りなどビニールで覆ってしまいますので、窓が開かなくなります。開け閉めしたい箇所がある場合には、その場所をお知らせ下さい。塗装する直前に養生処理をいたしますので。 ・玄関前に養生を施しますが、養生についているペンキを踏んでしまいますと、玄関内に入りタイルなどを汚してしまうことがあります。工事中は十分注意して下さい。 ・塗料にはシンナー臭のほか塗料自体の臭いもありますので、工事期間中は洗濯物はできるだけ室内でお願いします。 ・足場を解体しますと高いところの手直しが難しくなります。完了引渡し前に担当者に念入りに確認してもらいましょう。   ハウスメイク牛久では無料屋根診断・ドローン調査を行っています。ドローン調査も月に7~8回実施しています。大半がスレート瓦の現状が知りたいという内容です。「他業者に屋根がダメだから見積りさせて下さい」と言われたが、具体的にどこがどうなっているのか分からなくて不安なので視てほしいという依頼です。確かにノンアスベスト初期の瓦で、調査の結果は塗装不可というケースが多いです。結論から言えば、雨漏りしないように葺き替えるということに。具体的に映像や写真を見れば納得できると思います。お電話での予約をお願いします。 WEB無料相談(Zoomアプリ)も予約制ですがはじめました。今後はWEB相談がメインの営業となるかもしれないので会社としても力を入れています。。僕らも常に勉強しております。幅広い知識を持っていないと対応できません。 2月に入りました。皆様どうかコロナに負けないようにお体に留意されお過ごしくださいませ。桜咲く季節まであと少しです。塗装シーズン満開となりますように今から準備しています。皆様からの御連絡、心よりおまちしております。  WEB担当 猫三郎より             2021年2月4日 更新
外壁・屋根塗装のご案内現場情報お知らせ豆知識外壁塗装のご相談